2011年1月28日金曜日

5枚作ったMega8Lと、そのオーバークロック

先ほど出来た、Mega8Lの5枚は、Optibootを8MHzでコンパイルして書き込んだ、115200BPSは出なかった、 最終的には、57600BPSなら安定して動くと言う結論になり、全部同じのを書き込んだ。

詳細は不明だが、Arduinoに入ってる、avr-gccでコンパイル出来ず、CrossPackのでコンパイルした。色々有るんだなー・・avrdudeといいavr-gccといい・・


TQFP32のatmega8Lの書き込みついでに、ちょっと前に作った、オーバークロック試験用に、ちゃんとコンパイルしたUSBaspBootloaderを書き込んで、昨日作ったコネクタで接続したら動いた。定格8MHzを、12MHzで動かしてるが、問題無く動いてる。
長期的な意味での信頼性は解らないけど・・凄く一杯有る、mega8Lが、V-USBでも使えてくれるのは助かる。

0 件のコメント:

コメントを投稿