2011年2月28日月曜日

うーむやること一杯・・

色々IDEを紹介されて、遊んでしまった。
eclipse Editra piklib MPLAB X 更に、X code4だから、遊んでただけに見えるな・・ついでに百獣の王まで来まして、何処に入れようか迷ってました。


Prosessingのplug-inが入るので、EclipseはArduinoの開発でも使ってるって書いて有る位だからいいのかも・・
個人的には、さくっと日本語表示してくれる、Editraが好きだが・・pluginが今一・・jalv2に限って言えば、Win版の、JalEditか、piklabが便利かも・・でこれはOSXで今一・・Jalに関しては、MPLABに入れるためのスクリプトも有ったが、それはいくらなんでも、Win専用だろうし・・OSXでネイティブで動くのは、eclipseとEditraなのかな・・

 IDEに関しては、結構プログラム歴は長い(PCやらMACやらだけど)ので、やる気になるIDEって結構重要だ。ただ考え方次第で・・長いプログラム書くなよーー的な、Arduino IDEの割り切りの良さも、一つの道だと思う。

実際、入れて、これ気に入ったと思った、Rditraは、最新版のアップデートしたら、Jalのプラグインが認識しなくなり・・がっかり・・Jalだけの統合環境なら、Win版には、専用のが有ったから、それ使うと、市販環境のIDEみたいにはなる。
Ubuntuは結構、Pluginも揃い、piklabで、Jalv2のIDEにはなる。sdccと共存するから、PIC用としては悪くない。eclipseにJalが入るらしいので、ダウンロードしたとこで力尽きた。
eclipseで統合出来れば、AVR GCC/Prosessing   PIC sdcc/Jalを同じIDEで処理出来る可能性が有る。

結局コード書く前にここにはまってしまった訳では有ります。

気に入ってるEditraは、一応ネイティブでエディター部がJalには対応してるので書けなくは無いが、ボタン一個でコンパイルはして貰えない・・シクシク・・

2011年2月27日日曜日

突然Jalv2にArduino ISPを移植し始めた・・

PICで作る、STK500って出来るかなぁと思ったら、止まらなくなり、あっちこっちでコードを探したら、最も解りやすいのは、Arduino ISPだった・・あうーー
PICのUSB-CDCが簡単に出来るなら簡単なISP欲しいなあと思ったのが最初だった・・

Arduino用のUSBシリアル変換機とISPがスイッチ出来ると便利だ。

STK500は接続時に、ESCコードを最初に送るから、それで認識出来るはずだから、ESCが来なければ、普通のシリアル通院として動くとかが便利そう。終わったら普通のコンバーターに戻す。

USBのシリアル通信のとこがザクザク書けるのは結構楽しい。
PICK18F14K50で通信機能と、STK500を積めると、AVRにBootloaderが要らなくなる。ちょっと前に、Doper+mega328pで考えた事だが、TQFP32の安く手に入る、MCUに最適な物が無かったので保留になってた物だ。

Arduino ISPのコードは、割と長い方だが、読みやすいから、置き換えていけばいい訳だ。
しばらくかかるかも知れないけどやってみる。
PIC18F14K50には、pic18spxとか言う、AVR用のライターソフトは有るが、ArduinoIDEのデフォルトのSTK500互換に出来ると結構面白いはずだ。
16KBのフラッシュで、たぶんパンパンなとこまで行っちゃうだろうけど、まあ、いいか・・

Jalv2を褒めた割に書き始めたら・・言語リファレンスは有るが、ライブラリのリファレンスが無いと言うのに気付き・・ちょっと動揺する。その代わり、サンプルコードが一杯入ってる。USBのブートローダーと、それに乗ると思われる、シリアルコンバーターまで入ってるから・・そのコンバーターに書き足せばいいのだろう。

一応久しぶりに、Fastbootのコードもいじくり始めた。

USB-CDCのコードが自在に書けると、機種依存しないから、色々やりようがある。

2011年2月26日土曜日

ごめん・・いいじゃんJaluinoIDE OSX版

PICのJalv2ってこんなに立派だったんだ・・

ここからダウンロードしました。
エディターはここからダウンロードします。


Mac用の、PIC開発環境として、結構良くできてますね・・拡張も簡単そうだし・・私は、PIC18F14K50だけでいいんですが・・サンプルとかで、凄くシードされてて大変ありがたい。

Arduinoやってる手前・・言いにくいけど、USBのワンチップマイコン寄りのIDEで、一番簡単なんじゃないかなこれ・・WIN MAC LINUXと揃ってるし・・PICは昔から色々やってるけど、その辺も含んで・・簡単・・

コーディングとしては、Arduinoと大差無いし・・

特に、MAC用の環境って、PIC用だと、いいのが無いなあと思ってましたが・・使いやすいです。

欠点は、デフォルトだと、PIC18F4550と言う、AVRで言う所の、ATmega16u4相当のマイコン専用な感じなとこ位か・・(自力で拡張すれば、他のMCUでも大丈夫ですが、統一が取れなくなっちゃうかも知れない位の問題ですか)

Arduinoとどっこいか、ひょっとするとこっちの方が簡単・・かも知れません。


あんまり凄い事してないけど、USBワンチップマイコンのコードが、25行とかって・・・当然ライブラリが有るからだけど・・結構ショックです。

コンパイルするとでかい・・って言う話ですが、それはまあ、Arduinoでも一緒ですから・・(単に、AVRの方が、容量がでかい訳ですが)

Arduinoやめる気は無いですが、これだったら、もうマイコンの機種なんかどうでもいいなあと言う感じはしました。

Arduinoみたいに、世界中からリソース拾って来て、改造して、自分風に・・ではなく、PIC18F14K50程度のマイコンを、ちょっと自分流のUSB I/Fに変えたいとか、そうゆう目的には向いてると思いました。

もしかしたら、出来るかなーとか思うのは、ArduinoのSTK500の初期化コマンドを受信したら、Arduinoリセット用PINを動作させてから、USBシリアルモードに移行し、モデムのエスケープシークエンスみたいなの受け取ったら、USB I/Oモードの切り替え・・スイッチ代わりや、パルスとかを、Arduinoに与えるなんてのも出来そうに思えました。
ライターを作るとかは私の専門じゃ無いですが・・STK500のコード移植出来たら、Arduinoと良いペアになるかもなーーと、(いわゆるDoperだけど、このマイコンに、USB1.0 CDCの呪縛は無いですから)ちょっと思ってしまいました。

少なくとも、シリアルベースで作った、PCアプリからの、自分流USB-I/O化するには、最も近道に見えます。
まあ、このIDEで使って面白いのは、USB内蔵のPICに限られるかも知れないなあとは思いますが。・・逆にその方がいいかも・・って言う気もします。
とりあえず私の方は・・PIC18F14K50だけ動けばいいので、興味のある方は、他の方をぜひ・・と言ってはおきます。

個人的に言えば、ギャラ貰ってる、スポンサーでも無いんだから、PICでもAVRでも使いやすいとこは、それ使えばいいじゃん・・と言うのも私の姿勢です。
(本職カメラマンなので、このスポンサーと言う意味合いはリアルなんですが・・・)

いわゆるまあ、適材適所・・そう考えてます。

2011年2月25日金曜日

AE-ATmega基盤はダサイって、twitterに有った・・

実際最初見たとき、私もそう思った(笑い)
粗野と言うか、乱暴と言うか・・
その代わり、改造しやすかった。
comopyx風に改造すると、そのダサさの元凶のような、はみ出したDCコネクタは無くなるり、そこにUSB-Bコネクタを付けて、mega8u2が乗った物はスッキリしてしまった。
三端子レギュレーターを、SMDにしてもうちょっと短縮して、FTDIユニットの下の配線部に、普通のFTDIのICパターンでも付いてたら、尊敬したかも知れない。つまり、0.65mmの半田に自信が無い人だけ、ユニットを買えと言う感じなら凄くいいはずだ。(配線密度が急に変わる訳だが)
今度MCP2200を買う事になったら、そっちで、AE-FTDIユニットの代替え品でも作ってみようかな・・mega8u2は、「すz」さんが作るみたいだし・・どっかで200円位で買える、USBシリアルも売ってるみたいだし・・・
ただまあ、私としては、USBシリアル部を抜けるようにしちゃうなら、500円Arduino位簡単に作れるのは当然だけど、求めてるのはそこじゃない。
USBシリアルも引っくるめて、学生割引位で、500円にならんかと言う、ちゃんとした、Arduino互換機の事を言ってるつもりだ。

だって、USB外して良くて、スケッチが動くだけでいいなら、60円位の、C基盤に、168Pでも半田付けして、10KΩの抵抗一個に、200円のシリアルコンバーター繋げば、動くのなんか当たり前なのだから・・そんなのを500円にするなんてのは、喚かなければいけない言葉では無い。
所詮、ATmega8か何かに、USBシリアルコンバーターを正しい位置に接続しさえすれば動くのが、Arduinoな訳だし・・

私が、思ってるのは、Arduinoが作れる事なんか、どーでも良くなる時代にしたいと思ってる。極論すれば、Arduinoを作れる事は、威張れるほどの電子工作じゃないと思う。
特に、AE-ATmega基盤位の回路なら、一日有れば、普通のユニバーサル基板からでも作るのは簡単だ。
例のSanguinoなんか、3時間そこそこで作ってる訳でステッカー作ってる時間の方が長かった位だ。
簡単に作りたいなら、Sanguinoと、例の可愛い基盤で、すぐ出来るはずだ。これに200円のシリアルコンバーターでも繋げば上等だけど・・・自閉したArduinoは、あんまり価値を感じない。(ただのブレッドボードで組んだのと大差無いようにさえ思える)

Arduinoのメリットは、スケッチを通せば、言葉の壁も無しで、国際レベルでも共同開発出来るって、開放された環境だと思う。
あくまで、Arduinoによる開発環境なのであって、ハードは空気みたいな存在であるべきだから、何処まで安く出来るか・・出来た物を、そのまんま組み込んでしまえるか?・・この辺が大事そうだから、安いArduino互換機を作ろうと思ってる訳で、それはやっぱり、スタンドアローンでちゃんとした互換機で無ければ・・敷居を上げてしまう。

つまるところ、完成品として、学生に、500円で売って平気な物、その利益ゲインを、大人に転化するが、それでも高いって思わない程度の値段で出来る事・・500円で赤字じゃ無い事・・この辺を考えている訳です。

MCP2200と、うちの在庫の、mega8Lの組み合わせだと、100台までならすぐ出来るんだけど・・その先が続かない。単なる在庫処分になっちゃうので・・・苦し紛れにやるかも知れないが、もう一段先位は見据えていたいと考えています。

そして、「ダサイ」って言われない自信は・・(私カメラマンだよ)・・有ります。

そう言えば、・・・

秋月からAE-ATmega基盤のパーツキットが出て以来、なんかmadelecのパーツキットが、急速に売れてるらしい。秋月も基盤入りで、2100円て言うのは、UNOが、アマゾンで2980円とかなので、送料500円足したら・・その差は、400円無い・・私なら、UNOを買う。
まして、付属してるMCUは、168だし、作例写真を見る限り、FTDIの取り付け方が不自然なので、あれは直接半田付けしてると思う、それでもハイトに無理が有って、ジャンパピンも下げれば、たしかに入るが、それで、なんとか、Arduino Duemila(noveでは無い)に似てる互換機になるだけだ。構造上電源の自動切り替えも無いし・・mega8u2の可能性も無い。それで400円差は高いと思う。

ある意味、もうちょっと安いと思ってた・・1800円位で出てくるだろうと予測してたのだが・・

madoelecも次への、構造を明確化する時期じゃないかな・・

こちら側は、ATmega328Pを積んでる訳だし、mega8u2へ改造する事も出来る。
結果的に見れば、madoelecの方が、ずっと扱いやすい。解りにくい価格を、秋月合わせで改訂した方が良さそうに思うので、伝えようとは思うが・・自分で気付くかな?

既にAタイプは消えたみたいだが、秋月がパーツキットに、AE-ATmegaが含まれて、マイコンボードキットになってるので、足しても、たしか750円位のはずだ。

最近気付いた、MicrochipのMCP2200で組めば、この状態で、1000円には出来るが・・それをやっても一番儲かってるのは、AE-ATmegaと、変換基板部売ってる、秋月になっちゃう可能性が有る。この部分だけで、250円な訳だからだ・・
つまるところ、250円以内でAE-ATmega基盤と基盤の部分が、作れればいいと言う結論のなる。

実の所、今到着待ちしてる、PEKE PROJECT!!基盤は、赤い基盤のして、DHLで送らせてしまったから、@600円ほどしてしまう訳だが・・グリーンにして、普通の郵便で送らせると、調度、250円位になる。(全然儲からないが・・)一部のパーツはローコスト化してるし、全て、SMDにしてしまったから・・パーツ代の部分でかなり浮く事になる。
しかしそれでも、めが328Pと基盤で、500円・・利益ゼロ・・あと500円で最低限の、mega8u2部、コネクタとし、外部電源部は、オプション・・・もう一個秘策が有るので、それも含めれば、ギリギリ1000円目指せる可能性は無くは無いとは思ってる。

基盤部が、もう100円弱でいいから安く出来れば・・まともな互換機キットが、1000円位には収まるだろう。MCU部を、mega8Lに出来れば、確実に問題無い。

maga8u2部を、MCP2200に置き換え出来れば・・100円弱下がる。


後は量産効果であり、一番量産効果が出るのは、基盤部で、MCU関係は、100個単位位の値段で見てるから、1000個になっても、もう1割位しか安くはならないだろうしなーー

ただまあどう見積もっても、1000円Arduinoのラインは切ってる。

後は、私の秘策(わざわざ基盤を起こす理由の部分)が気に入って貰えるかどうかって言うとこにかかってると思う。



とりあえず、この赤い、一番最初の、PEKE PROJECT基盤、0号機は、10枚届き、5枚はこちらで消費するが、4-5枚は、PROJECTに参加したい人か変わり物のArduinoが欲しい人に売って見る気になってる。
たぶん、このまま二度は作らない、PEKE PROJECT基盤、(部品付きで、1500円にもなってしまうかも知れないが)欲しい方は、ご連絡下さい。
使ってみて欲しい気もするけど、さすがに、無料で配れる物でも無いですからね。

ただまあ、協力してくれる方と認定して、その後の進捗なり、次のオブジェクトや、量産品でも優遇はするつもりでいたりします。
PEKE PROJECT!!の実際の内容を聞きたいとかの方は、この「踏み絵」は踏んで欲しいって感じで、売ります。

ご予約承ります。

madoelecと協議の結果、このPEKE PROVA-a0(基盤名)は、comopyxが直販します。だってたったの5枚だし・・発送は、Expac350しか考えて無いので、結構高く付くとは思います・・でも限定4-5枚です。

つまり・・PEKE PROJECT!!参加者募集ですね。

よろしく。

今週はPCの開発ソフト系ばっかりだねーー

Windowsで、ある程度の結果は出たのでOKとして、Jalv2を、Macの環境に持って行った。
専用IDEが無いのが問題だが・・
その部分の解消も含めてやってるのだから、しょうがないか・・
Jalv2のライブラリを、PIC18F14K50と、USB-CDCに特化して、メインルーチンだけ書けばいいようなIDEの制作を検討してた。

Bootloderは、4種試したが・・適当なのが無いなあ・・

結局振り出しに戻り、大きさ、安定度から今のところpic18bootから出られない。(さすが日本人制作だと思った)同時に、ちょっと高機能すぎると言うか、bootloaderに、アプリケーションスイッチをさせようとしてる結果、bootloaderが起動しやすすぎるのが、個人的には、欠点に感じる。あと、Mac/Linuxへの対応がまだ見えてない。

個人的に言えば・・高電圧書き込みも想定しResetも廃止し、電源投入時、bootswitchが押されていればbootloader、それ以外なら、アプリになる位シンプルな物が欲しい。

 実際の所、今私が、このPIC18F14K50に入れたいソフトは、pic18bootのPICmonのやってる部分と大差無い、ただし、最適化するアプリが、シリアル接続で、そっちが、主流だから使えない・・詰まるところ、既存に有る製品をエミュレーションするのが、目的なので、ほぼ同じではなく、完璧に同じでなければいけない。・・同時にそれは一度書いたら滅多に書き換えない。
実際、Bootloaderに求められるのは、そうゆう影武者的な立場だと思うだが・・
開発の現場では、確かに、一つのPICの中に、色々入れてコマンドから立ち上がる物を変えるのは面白そうだが、組み込んでしまった製品の中ではそうでは無い。bootloaderが表に出て来ては困る。

私が気に入ってる、AVR用の、Fastbootは、いいなあって、再発見した。Fastboot単独で言えば、Optibootと同じ容量で、通信速度可変1200bps-115200bpsまで、どれでもいいなど、欠点が少ない。arduinoから、通信速度の部分を気にしないで済むようになるはずなのだが・・徹底的に、影武者としての機能を詰め込んだFastbootは偉いと思う。OSXもLinuxも対応してるし。でもまあPICじゃ動かないが・・

Microchip標準のBootloaderだと、なぜか今回書いた、Jalv2のHexが動かない・・これを解消するのは出来そうに思うので、やはりそこに落ち着くのだろうか・・

なんか結局maga8u2といい、PIC18F14K50といいUSB周りばっかやってるなーー

結局コスト下げるのにワンチップ化の方針と、tiny化、そして、PICでの、ちょっと違うシステムかな・・一つは、V-USBのCDCライブラリ化で、既存のArduinoコアのまま、もう一つtinyによるスケールダウン、PICベースのワンチップ化・・これともしかすると、mega32u4ベースをやるかも知れない。
Arduino400的な言い方をすれば、順番に、250-350-200-350って言う感じなのだmega8u2でやると、450を超えてしまう。

とりあえず、もうすぐ、PEKE基盤が出来てくる・・V-USBと、mega8u2仕様は出来てくる。もう一段下のは、ちょっとMCP2200を使う気になってるので、同じ回路で、PIC18F14K50は動くので、今回の、V-USB/UNO互換のボードと同じで、MiniArduino/Arduino/Jalduinoと言うコンパチにしようかと思ってる。

問題は、MicroshipのAN1310に有る、RTSでのリセット回路がArduinoで使えるか?って感じに思ってる。MCP2200が、150円以下と言うのもあり・・これが使えれば、USBシリアル部は劇的に下がる。(UNOとの互換性を別にして、FTDIとの対抗としては、半額以下だし)
そのまんま、PIC18F14K50に流用出来るので、拡張性も失われない訳だ。

であるなら、Jalduinoが選択に有っても構わない。bootloaderに依存するかも知れないが、AVRWriterにするのも可能なのだし・・

しかしまあ・・最近気づいてるのは、プログラマは、色々盛り込もうとしてくれる人、私は、ばっさり切り捨てる人になってる気がする。Jalv2の、単一機種対応物は見通しが立ってしまった。

2011年2月24日木曜日

PICのJalv2をやってみる。

Jalv2のバージョンが色々有って、困惑したが・・ライブラリにどんどん足していったら動いた。


目標はPIC18F14K50のCDCだけなので、とりあえず、CDCのイニシャル関係一式をインクルード文にしてみた。

残った行数は72行・・・コメントとコメントアウトが多いので、それも抜くなら、40行って言う感じか・・

ピンアサインを、Arduino式に、して、ライブラリにしたら、もっと減るなあ・・

特定ブートローダー専用
MCU PIC18F14K50限定(追加しても、PIC18F2550/4550まで)
USB-CDC専用
専用基盤形式に特定(Arduinoみたいに、勝手に番号を振る)いわゆるpin.def化する。

私はこうゆう切り捨ては大好きだ。


USBシリアルコンバーターのデモプログラムを見てるがメインループだけなら15行しか無いからわりとなんとかなりそうな気がします。

USB-PICのCDC部の改変に悩んでいたらJalv2って言う言語を教えられた。

別に収支変えした訳じゃ無いです。(笑)

どうやってもUSBシリアルの部分の値段にはまっているのですが・・MCP2200と言う、PIC18F14K50ベースの、USB-CDCコントローラーを発見したがDTRが出てない、PICのBootloaderのアプリケーションノートAN1310に、RTS+RX+ダイオードと言う、リセット制御がのってた。何かで試してみようと思う。
ただこれだと、bootloaderジャンパを付けないと、毎回リセットしてしまう。まあここは、Arduinoも似たようなもんだけど・・試してみる価値はある。
なんてった、Digikeyで、MCP2200は、132円なのだ・・


この件をやってたら、Jalv2と言う言語を紹介された。

USB-CDCのイニシャル部分の定型も短いし、要求してるmain loop部は、せいぜい30行位だったからアマチア工作用に、USB-PIC専用(ありがちな物だけ)ドライバー書かないでいい、CDCだけに特化した、IDE作ったら便利そうに思えた。
つまり、CDCのみに、依存するなら、せいぜい2−3種のincludeを書いておけば、ほぼmain loopだけで済む訳だ。
ついでに、Arduinoみたいに、Bootloaderを固定してしまい、PINアサインを、固定してしまえば、wiringみたいになるかも知れない。

PIC18F14K50は、秋月で、190-200円(私はSMD派なので、190円 Digikeyで100個で、170円台だが)

これだと、V-USBで色々やるより結構早いし、Win7問題も解消出来る。

単にArduinoのシリアルコンバーターにするなら・・mega8u2の方が便利だと思うが・・mega8u2には、ADCが無い。・・それとまだ開発に結構な試行錯誤が必要なのと、LUFAなりVID/PIDの問題が出てくる。

  あと不満なのは、まだちょっと解らないが、OSXへの対応辺りか・・


簡単なIDEが有るといいと思った・・

例えば、PIC18F14K50と、CDCに限定してしまい、メインルーチンだけ書けば良く、基盤を限定し、Arduinoよろしく、D0-17 A0-A7のようなピン名称に固定した物。
こうしてしまえば、言語系は、まあ、違うが、似たような物なので、簡単なIO関係を1チップ化出来る。
こうすると結構いいフィジカルコンピューティング環境になるのかも知れない。

プログラマ側から見れば、HIDもとか考えるのだが・・それを始めると、PCやMAC/
LUNUX側のプログラミングが必要になり、同時進行で進めないと結果が見えない。

シリアル通信は、確かに遅いし難点も有るが、その利便性は捨てがたいし、Arduinoみたいに、基本的に、シリアルのみしかサポートしてなくても十分成立してるのだ。

ワンチップで、さくっと出来るなら、これはこれでいい。

特に、低価格で、重い機能を持たない、ツール的な開発なら、構造さえ作ってしまえば、簡単そうに思えるのだ。


何処かに書いてるが、PEKE PROJECT!!は、Arduino寄りだけど、Arduinoだけに依存してるプロジェクトじゃないので、安く簡単に何かを実現したいって言う意味ではやってもいいかなーーと、最近思ってはいる。
まあ、Penguinoに近いが・・いわゆるJalduinoと言う奴の、より特化型なら、ありえそうに思えて来てる。

2011年2月23日水曜日

Tiny84のこのBootloaderが動いたわ・・

これ
出所はここの12.09.2010の記事
9600BPSでは動いた。


このページは、Arduinoで使える、MPUが一式書いて有って便利

大慌てで作った、TIny84開発セット


ブレッドボードでジャンパピンでやってると、埒が明かず、28ピン変換基板に全部詰め込んでみた。リセットスイッチだけ忘れてしまった。面倒だから今度作るUSBシリアルにがターゲット・リセットボタンを乗せておこうと考えてる。
ちゃんと組んだらちゃんと動いた・・USBaspと、FTDIを繋いで、Avrdudeを、STK500v1でやると、Bootloader USBaspだとISPになる。かなり乱暴な開発環境ではある。
シリアルのTx Rxと、LEDの位置は、まだ決定でないので、UEWを半田づけて動かす感じになってる。
この構造にしたら、BootloaderのLEDのシグナルは点灯するようになった。通電その物は同じって出てるのだけど、ブレッドボードでやると、LEDが点灯しなかったのだが・

さすがにこれはスカスカだけど、mega8u2の時もそうだったが、空いてるスペースに、色々回路が組める変換基板って欲しいなあ・・AVRや、PICに限定しちゃっても、結構需要はある気がする。材料は基本的に同じだからねーー(そうゆうのもその内考えて、PEKE PROJECTに加えられるといいなあ)

 OptibootをMakeして書き込んでみたが、リセットとか、シリアル通信は全く問題無いが、やっぱ書けない・・ATmega1284Pの時に、SelfprogramingがONになってなかった時と同じ症状だが、Selfprogramingは、ONになってる、Fasttbootだと何の問題も無く書き込めるのだけどなーー

同じ大きさなのに、Fastbootの方が全然柔軟なのにーー

結局、Tiny84/85/861と同じ症状だから、一カ所直れば、全部動くんだろうな・・悔しいなあ。

2011年2月22日火曜日

うわーー方針変更かも

ちょっとまた、小型機方面は方針変更っぽい・・
いい意味ではまたArduinoに戻りそう。PICにはシリアルコンバーターだけやらそうかと思い始めた。

現在PEKE PROJECT!!第一弾試作待ちなのだが、次の流れになりそうだ。

なんだ結局本流に戻るのか?と言う印象が強く、改めてTiny84のBootLoaderを調整し始めた。

optibootで、tiny85や、861は、動きそうなムードまで行ってるのに、何故か・・tiny84が反応しない。

もう一回最初からだなーーと思いつつ、自分に出来る範囲で、tiny84+PIC18F14K50で、小さなArduinoを検証し始める事にする。

へーーMPLAB-Xって OSX版が有るんだーー

なんか、急速にマイコン開発環境が、OSXに対応してくれるね。AVRStudioも出るといいなあ

突然ですがPICです・・あう・・

PIC18F2550

18F2550

PIC18F14K50

別に、宗旨替えした訳では無いので、ご安心を。

ちょっと訳あって、PICの開発環境を作った・・原型はこれ・・二枚入って、500円は、買った当初は安く感じたが、AE-ATmega 150円の時代に入ると結構高く感じますね。
USBの電源しか要らないし、DCも要らないので、思いっきり簡略化しつつ、Arduino癖で、I/Oのソケット装備になりました。
  mega8u2に、ADCが無いのが災いし・・安いUSBチップで、ADC8本欲しいって篩い落としたら、これになっちゃったんですーー
その気だと、20行無いコードを実行させるだけなので、まあ、いいかと・・(それくらいなら書けそう・・知りもしないCでも・・)・・で、組んでみました。

実の所、私は昨年半ば位まで、PIC主力で(ただし8ピン)・・元々PICの開発環境有りますからね。実は、PIC16F886 28PINにブートローダーが入り、C基盤に組まれた、ArduinoもどきのPIC基盤は4個は作って持てます。
MikroBasic PRO PICと、同じく、PRO AVRって言う環境や、PIC10F Simulator IDE/PIC Simulator IDE/PIC18 Simulator IDE/AVR Simulator IDE なども、同じ言語系で、AVRとPICが有るので、Arduino IDEの部分以外では、どっちでもいいかな・・な性格なので・・

この上のPIC18F2550は、そこも是正出来ないかって、Pinguino 入れて見るかと思い組んでしまいました。

一カ所だけ「おおおお」と思ったのは、PICのUSB系って、セラロックでも動くんですね・・うちは、ほとんど、セラロックって無いのですが(どっちかと言うと、私には、セラロックの方が高価)・・Xtal刺そうと思ったら、そのスペースじゃ入らないって言う、冗談みたいな基盤で、なんとか、12MHzと20MHzを見つけ出しました。

2-30行なら書けるんじゃないのーーみたいな乗りです。

Pinguinoは、少し期待したんですが、サポートMCUがコード互換の、PIC18F2550/4550だけのようなのと、Arduinoみたいな拡張性が、ほとんど無さそうなので、・とりあえず動かして見るか・程度です。

2011年2月20日日曜日

秋月のAE-ATmega基盤キットが出た。

一個思ったのはの、組み立て説明書の、最初の写真で・・ああ、またやってしましったと思ったのでした。

つまり、あの「ウニョン」とねじ曲がっちゃうような写真は、結構私の特徴なんですね。この資料書く前に、うちのBlogや、HPを見ちゃったのねーーと言う実感でした。

 いや、別に秋月が真似したとか言わないんだけど・・

 その昔、カメラのオークションで生活してた時期が有り、その時の写真は凄く評判が良かったのだが・・同じ系統で、HPも有ったし・で写真雑誌を買ったら、私の写真みたいなのが、一杯並んでた、記者が撮ったのはまだいいのだけど、広告なんかで並んでたのはショックで・・私のHPや、Blogには、「私は商業カメラマンです」って書いて有る。

 僕にとっては、カメラマンが、違うカメラマンの真似するのって、「屈辱」でしか無いんです。

 そして、広告は、本来、「これいいな」と思ったら、それを撮った人に発注すべきで・・「こうゆう風に撮って」って、違う人に頼んじゃったら、焦点が甘くなるんですね・・結果いい物は出来ない。

 このBlogにも有るけど、小さな物を、ワイドで、歪め、視点を導入して、見せたい物を見せるって、実はとっても難しい。私が簡単なのは、単に慣れてるだけなんですが・・
 
 広告なんかで、これやられると、クリエイティブディレクターとかの人格疑うんですね。
 (秋月のは、説明書で、チラシなので、影響与えちゃったなーーで別にいいんですけど)

 つまり、広告で言えば、このクリエイティブディレクターって言うのは、クリエイターをディレクションする訳で・・クリエイターを選択する権限も本来持ってる。
 そして、「いいなーー」と思った絵を撮れる人に、仕事出さないと、次の、「いいなーー」が生まれて来ないんですね。つまり、本来クリエイティブしなきゃいけない人が、創作しないで、創作した人に仕事出さない。
 これは結局、「退化を生む」だけなんですね。

 他の仕事してても、思うんだけど、雑誌の記者なんかも「教えてもらった通りに撮ったら、綺麗に撮れてこないだなんか、取材全部こなしましたよ」なんて言ってる。
 じゃあ、教えなかったら、君は進化しないって事だよね・・・君が凄く綺麗だと思った写真を、数十秒で撮っちゃった奴の、潜在能力って・・そんなもんじゃないよねーーって思う訳ですね。・・だったら、仕事減るからもう教えるのやめよう・・とか思ってると、「教えて−」コールが始まる。

 例えば、ジオラマ風写真と言うのがまだ流行なんだけど、「表現として面白いと思う、こうやればいいんでしょ」と一瞬で受けが流したのが私で、同じようなのは前から結構あったけど、対象物がちょっと変わった感じがした。その程度だたのですが・
 iPhoneとかに、そうゆう加工をするソフトが出て来て、みんなで真似して、原型がどんなだったかさえ、陳腐化させてしまう。
 
 それでも、最初にクリエイティブした人は、その先に行けるのだけど・・真似した人の写真が「つまらない」のまでは責任取れない訳だが・・結果的に作品を陳腐化されてしまう訳だ。

 このつまらない、つぶしっこと、自分の仕事を間違えてる人が、日本の物の創造を、壊しちゃってるんだと思ってる。


 秋月からメールでも来て、「無料だけど、撮って」って言って来たら、撮ったと思うなーー

 そうゆうちょっとしたコミュニケーションが、クリエイティブを育てるんだね・・

 日本人は、コミュニケーションがーーとか、叫ぶわりには、自分の都合の悪い事は、コミュニケーションしない。

 本来やんなきゃいけない、本職の広告屋さんんでそれだから、一般人を、追求は出来ないが・


 実の所、madoelecに、AE-ATmegaのパーツキット出しなさい・・って言ったのは私だけど・・それは、AE-ATmega基盤が、この生む苦しみを経てないと思えたからだ。
 Arduino / Ejackinoの二段コピーになっていて、Ejackinoの持ってる、ずれてない、ピンソケットと言う、僅かばかりの創作も無くなってる訳で・・まあ、私の写真で言う感じの・・
 「ひとのとこ見て真似して作った」
 って言う印象ばかりなので、尊重する必要は無いと判断したからだ。

 そりゃあ自社より、先に、AE-ATmega部品キットなんてのを、格安で出されたら、見るだろうけど・・更にそれをもう一回真似しちゃいかんだろう・・そっちの方が上流なんだし。

 真似すると、かならず劣化する・・理由は、なぜ、そうなったか、気づかないからだ。

 中国みたいに、まるまる、寸ぷん違わずコピーすれば、(それはもう、真似じゃなくて、偽物なんだが)思想ごと受け継げる。

 結果から言えば、中途半端にコピーした物は、欠点が増えて、原型を貶めるほど悪化させる可能性が有るんです。


 実際今、PEKE PROJECTをやってて、「コピーされるだろうなーー」と思ってる。

 だけど、ほんのちょっとだけど、コピーするんじゃなくて、俺だったらこうするを足して欲しいって思うんですね。せめてコピーするならそうしてくれないと、作った側の立つ瀬がない・・

 コピーしといて、その欠点を、コピーした上流に押しつけて、自分は保身するような真似は・・ある意味、中国より卑怯に思える。

 僕は、写真でも、電子工作でも、そうゆうのだけは避けたいと願ってる。

 (これ秋月の事じゃないよ・・僕の本職の事がほとんど・・)

 「秋月さん、メールくれれば写真くらい撮りますよ。もちろんただで。」


 実際、秋月の、説明書が出来てくれてほっとしたのも有ります。

 ちょっと内容を読んでて、Arduinoですって言えない苦しさが、あちこちに有るのはなんでだろうと思いましたが・・

 でもあの写真の、FTDIの装着部って、普通に組んだ時よりハイト低くしてない?・・ジャンパピンとかも違うし・・
 まあ、こっちの、mega8u2部が、どれだけ売れてるかとかは、把握出来ないはずなので・・一種の疑心暗鬼を与えてしまったのかも知れません。(そんなに一杯売れてませんよ)

 それでも、結構意識はしてくれたようで、結構お安く出た感じはします。FTDI部を除けば、1150円とかでしょうから・・

 PEKE PROJECTをコピーする時は、どうゆう思想なのかちゃんと読まないと、次、次って出て来た時に、投資が紙くずに変わりますからご注意下さいとだけは書いておこう。

2011年2月18日金曜日

あなたのHDDに何個AVRDUDEが入ってますか?

このblogでも何度も言ってるが、某御仁から・・「うちのにも四個もバージョン違いでーー」って言うメールを数日前に貰った。彼はWindowsのはずだが、やっぱなーーと思った。
 かく言う、うちのは、たぶん二桁以上入ってる、なんたって、OSXの上にVMが乗ってて、UbuntuやらWindowsやらが複数入ってる訳だから・・もう嫌って言うほど、win-gccもavr-gccもavrdudeも入ってるだろう。

 これは結局、新型のMCUとか購入すると、あれーーって事になる。

 困った事に、最新版ならOKって訳でも無い、Arduinoの中の、Avrdudeが独自に拡張されてるからだ。

 最近ついに面倒になり、avrdude510 とか言うアプリ名に変えて、PATH設定したりしてる。この辺なんとかすっきりしないもんだろうかといつも思う。

PEKE PROJECT!!回路図

これが回路図
(丸ごと書いてもらってしまったので・・威張りません。)

Arduino系の多目的基盤だってのは解ると思います。あれ?っとか思う部分は有ると思いますが・・その辺は出来てからのお楽しみ。
mega8u2と、V-USBが、排他で構成出来て、mega8u2(或いはmega32u2)の実験基盤にもなる・・と言う感じです。

完成図見た感じでは・・ちょっとmega8u2のI/Oが多すぎるので、その後は、I/Oを、Arduino UNO SMDと同じ程度に減らす事になると思います。(逆に互換性が取れなくなるので、初期物だけ)量産するなら、ほぼ完全な、UNO互換機ですから、mega8u2のピンも互換まで減らします。

PEKE PROJECT自体は、これを含んだ、もう一回り全体のプロジェクト名なので、Arduinoに依存する物では有りません。Arduinoでの利用を、意識はしてますが、Arduinoのためだけのプロジェクト名では有りません。

PEKE PROJECT!!

 コンセプト的には・・

 Arduinoを基盤にした、何らかの専用機を少数生産したりするのに最適な、ベアボーンなデザインを考えました。

 単純にArduinoとして使った場合、日本の環境に適合しやすいようにしたので、たぶん扱いやすいと思います。

 インフォメーションのオプション追加・・D13のLEDだけが、Arduino本体の持つインフォメーション能力ですが、比較的少数のI/O で、距離が離れても情報をインフォメーション出来ると言う事で、RGBのLEDを取り付け出来ます。色と、点滅の組み合わせなどで、アプリケーションの状況を伝えられ、LCDのように、注視しなくても解るので、情報の説明力として・・組み込みマイコンにとって、良いインターフェースだと考えています。(消費I/Oは3本です)

 量産した場合の、製造コストも考えましたが、これを使って、何かの専用機などを開発する上での、コストダウンも考慮しています。

 Arduino利用のハードを、手作りで、2-3台から、10-20台位作りたいんだよねーーと言うレベルのニーズには向いてます。その他、プレゼンテーションモデルので、原型等を考慮しました。(ゴテゴテしないように)

 
 量産すれば、1000円を目指せるデザインになってます。(500円は、V-USBにしなきゃ無理ですよーーーmetaboardになっちゃうし・・そっちは、現在、V-USB-CDCライブラリ待ちです)

 
 こうゆう性格なので、外観は、Arduinoと違いますが、シールド等は、そのまんま使えます。大きさもちょっと大きいだけで済みました。
 私なりの、Arduinoに対する疑問点を調整したので、USBコネクタは、mini-B DCコネクタは有りませんが、シールドからのV-INは動作します。USBコネクタ式の、DCアダプタや、車載アダプタ、何処にでも有る、USB mini-Bケーブル経由で、DCは得られます。
 丸形、DCコネクタが無いので、逆接続等の心配は無くなります。


 とりあえず、COMOPYXが目指してる物と言うのが、実体化開始すると・・そうゆう感じです。

 ワクワク!!



Paypalが繋がらないよーーPEKE PROJECT発動前夜なんだがーー

Seeed Studioに基板を頼む気なんですが・・さあ行くかと思ったら、Paypalのサーバーが止まってるみたい。


 とりあえず、試作作って見せて、気に入ってくれる方が居たら、「予約」で、基板のみ、基板+パーツキットで、配布します。


 comopyxが、思う、日本向けの、Arduinoはこうゆうのがいいんじゃない?を、ちょっと具体化してみます。見せたいのでウズウズしてますが、基板が出来てからですね。(お楽しみに)


 ハード的には、ATmega328P(TQFP32)+ATmega8u2(TQFP32)で構成してありmega8u2の全I/Oも出ていて、Arduino互換シールドも対応します。
 量産出来れば、1000円に出来そうですが、LUFA問題を抱えますので、自力で書き込める方向けです。(量産するなら、LUFAライセンス買います)・・と言う事で、前哨戦になります。


 でその前哨戦に最初の一歩で・・Paypalにつまずいてるんですけどね・・madoelec氏に、「そっちはログイン出来る?」って聞いたら、「こっちも駄目だよ」って事なので、Paypalの問題みたいです。(焦って、MACのプロクシ止めるわ、色々やったんですが、そうゆう問題じゃ無いみたい)




 飽きて何にもしてない訳じゃ無いですよーーー・・・公開するタイミングが必要な物やってるから、書けないって感じです。(撮影で忙しいのも有りますが)





2011年2月15日火曜日

ゆ・・雪が降るなんて・・

久しぶりに、真面目に仕事だなと思ったら、本当に雪が降りました。
お陰で帰りに数時間かかり・・・無事帰って来たのは、奇跡かと・明日もスタジオなんですが・・大丈夫だろうか・・最悪電車で行くと言い切りましたが・・何分かかるんだろう。

辛かったですーーー

北海道のmadoelec氏に言わせたら・・きっと・・雪がどうして障害なの・・(昔ドイツ人に言われました)が出そうな気がします。

2011年2月14日月曜日

ふえーん、なんか忙しいよーー

明日からスタジオに数日入ります。夕方には終わるはずなんですが・・結構ヘトヘトでしょうね。そんな感じなのでーーーしばし、よろしく。

2011年2月13日日曜日

突然Eagleをやる気になる。

実は基板CADのEagleには何度も挫折してる。WINを主にしてた時代に2-3回、割と最近のWIN=3D CAD専用機時代の1回そんな感じか・・

実は、ここ一週間くらい、私の妄想の実体化と言うので、手伝ってくれると言っていただいた方に、Eagleでの基板デザインをお願いしていて、今朝ほぼ完成した。
試験バージョンでは有るのだが、それなりの日数で実体化するのでは無いかと思う。

私にとっては、金属加工の商品までは自力で生産まで持って行って、売った事はあるが、基板は初めてなんです。

実際ある程度の、CADやCAMは出来るのだけれど、基板の経験は、何度もやろうとして、Eagleに阻まれたんですね。

Mac用のEagleも有るなんての3ヶ月前に知った位ですから・・

色々やってもらいながら・・・これ・・そこに動かしたいだけなんだけどーー・・が出来ないのがやっぱ悔しい。
それに、まるで、出力センターか、現像所みたいな、基板屋さんが有るのも知らなかったし(4z5大型カメラのフイルム1パック10枚現像するのに定価だと、約 フイルム2500円、現像3000円で、合計5500円かかるんですから、それより安いのだわ・・これを湯水のように使っていた時代は確実に有ったんですが・・8x10と言うのだと、約2万かかる。)
サイズほぼ同じで、値段がそれより安いとなれば、やれねばと思うが、原稿が出せないんですーー

このところデーターいただいたりして、少し解って来たんですが・・

これ、たぶん、私の脳味噌の順番と違うから出来なかったんだーーとなんとなく実感しました。

私、実体を作る時も、回路図を書かずに、(参照する場合はあるが)・・なんとなく気持ち良いところに、パーツを貼り付けては、メッキ線で引っ張ってくタイプなので、自分の頭の中に回路図がないんですね。

どうやら回路図から書かないといけないんだ・・と、今更解り・・じゃあ数年前なんか出来るはず無いじゃないかとやっと理解出来て来ました。

性格上・・見た目「かっこいい」から始めるタイプなので、後から配線がメチャクチャと言うのも多かったのですが・・原点がいかんみたいだなと、今にして解って来ました。


いまやってる、ほぼ、Arduinoその物みたいなのは、訳解らなくなりそうなので、おいといて・・ちょっと計画中だったTiny85の汎用ペンダントでも作って見るかと・・
これはこれで、ちっこい基板を何処に頼めばいいか、まだ不明なんですがーーーたぶん2cm X 2cm・・・・それ位の回路図なら書けそうなので、お題としてやってみようかなーと思いました。

足8本から初めて、つぎ14本やって・・そんな感じで鍛錬する事にしました。


実は、自動車の内装なんか撮ってて良く思うのですが・・極論すれば、安いのも、高いのも同じ材質で出来てる訳だが・・どうして、わざと安っぽく作るかなーーと言うのは、ずーっと思ってる、疑問なんですね。
もう単純に、黒いただの蓋の質感とか・・全然違う、どうせ最近は、リサイクルプラスチックで、表面処理無しで語れないんですが、どうしてここまで質感劣化させなきゃいかんのかなーー、なんで態々こんなに「ダサク」作るのかなーーと言う疑問は有るんです。

私が、Arduinoでショックを受けたのは、その内容もそうなんですが、基板のデザインも有るんです。

つまり、Arduinoの基板にはイタリア人らしい、格好良くしようって言う意識が有るんですね。
特にUNOになって、シルクのデザインの辺りもアートディレクターが入ったかなと言う感じがする位「格好良く」なった。

イタリア人は、コラボレーションと言うよりは、個々の担当が、他の担当より目立とうとする意識が強く、誰かが頑張ると、負けまいとして、全体の意識が上がる人種なので、日本人の大好きな、「協調性」じゃなく、「自分が一番格好良くなきゃ嫌だ!」って言う意識の、ハーモニーなんです。(逆に言えば、不協和音)


極東に日本人の爺としては、これ結構悔しいんですよ。

実の所、この日本国も、そうゆう美学の国なんですね。・・はっきり言って、今が違うだけで、古来日本は、美学優先だったんですね。

例えば、刀なんか・・美しい武器なんか、普通は考えないんですね。

性能と、美しい事の両面

この両面が入っちゃってるから、イタリアの彫刻とか見て、その細かさとかに動揺したりもするんですが(例えば家具の彫刻)
でも石って言うと、イタリアでは、大理石、日本だと御影石で・・これ堅さ全然違うし、欧州家具って細かい彫刻されてるけど、あれ、カッターナイフ当ててみると、さくっと切れる(バルサの堅いの位)なので、日本の黒檀なんか渡したら、イタリア人はお手上げです。

実の所、昔の日本人って凄いんですけどね。


最近、中国製の横行も有るけど、日本製でも、この辺の美学が全然無いので・・せめて自分の作る物だけでも・・とか思っちゃうんですね。


この美学って、民族性の問題なんで・・せめて民族性を、効率と引き替えに捨てたくはないなと思うんですね。

そんなのも有って、なんとなくやってみようと思ってるのです。


最近の色々な物の不景気やら、デフレやらきいてると、中国に負けまいと、中国みたいな物を、中国に工場で作っちゃったりと・・それじゃあ勝てるはず無いだろうって感じはするんですね。
かと言って、日本人が中国の真似しちゃってもしょうがない。

日本の製品で世界の至宝みたいな部分って何処か?って言うと、性能と美学なんです。

ある意味、イタリアと同じなんですよ。
ドイツの、合理主義に(或いは屁理屈)基づいた美学ってのも凄いし・・
フランスの、複雑にして、怪奇ともとれる美学も・・

この辺の美学を捨てちゃうと、日本製の良さは無くなってしまうんですよ。
made in JAPANって書いて有ればいいってもんでも無くなってしまってるんですね。

そんなのも有って、自分で作るなら、ついつい・・格好から行こうとしてしまうのも有ります。(職業病とも言うかも)

2011年2月11日金曜日

ちょっと慣れないことやっててごめんなさい。

ちょっと慣れない(いや慣れてるかも)事やってるので、ちょっと更新が遅れます。
来週スタジオだし・・結構バタバタ・・

2011年2月10日木曜日

今日はちょっと、部屋で撮影しなきゃいけなくて、・・半田仕事

ちょっと撮影物が合って、ストロボを引っ張り出したのだが、チャージ音がやけに煩くて、いきなり、蓋のネジを外し、見つけたブザーを半田で溶かして引き抜いていました。
スタジオで人間なんか撮るにしても、モデルがびっくりしちゃうくらい煩いので前から外そうと思っていたのだが、住宅地で夜使うには、ちょいとばかり騒々しかったのだ。
家でプロ用ストロボなんか使うと窓から漏れた分だけで、そこらじゅう明るくなるだけでも迷惑だって言うのに、チャージ音も結構な音なので、なんとかせざると得なかったのでした。
実際、うちにある、一番小さいのでも150Wストロボだが、1/8に絞っても明るすぎて困ってしまった。
ワイヤレスシンクロの調子がやけに悪くて一瞬悩んだが・・考えて見たら、仕事場じゃ無いので、ワイヤードで十分だった。
もっとでかいのも三機も有るのだが、最近全然出番がない。

実は最近のデジカメの、ストロボシンクロは、TTLなのだが、古いストロボは、100V超えて出てる。メカシャッターのカメラは、本当にただのスイッチだったのだが、最新鋭は、5Vなのだ。
お店開いたついでに、旧型ストロボのその部分も直してしまいたいが・・TRか、カプラー使えばいいのだろうか・・

ついでだから、私の半導体系の撮影環境も見せてしまおう。
プロカメラマンが、半田仕事しながら、撮影できるように考えた仕様だ。
これは、いつものパナじゃなく、EOSで撮ってる。(さすがに綺麗ではあるな)



こんな感じのケースが作って有るんです。脇にくっついてるのは、反射光用のLEDだけど、この撮影は、でっかいストロボが飛んじゃってるから点灯してるように見えないかも。

組み立ては反射に陰が出ないように、セロテープなので、割と簡単に壊れるが修復も早い。
この撮影キットを手の届くとこに置いておくと、机を片付けなくても、パシャッと撮れる訳だ。途中の保管庫にもなるし。
メインの明るさは、普通に使ってるZライトを引き寄せて、全体光を確保すると、手ぶれしない位までは明るくなる。
手ぶれが嫌なら本当はストロボなんだけどね。パナのカメラは、そんな複雑な処理できないから、LEDとかでなんとなく照明してるのでした。
ISO400位にしてあげれば、バックライトだけでもギリギリで撮影出来る。

シェル部は、100円で3枚のトレーで、撮影の背景の代わりもする。LEDはそのトレーを透過光源にして、後ろから反射面を拾う、金属撮影の基礎だ。(それだけでも十分金属部は綺麗に見える)
ただそれだけだと、手前が暗くなっちゃうので、部屋を明るくするか、この全体を照らす位置に、Zライトを持ってくれば・・実のところ、誰でも綺麗に撮れるといっていい。

カメラマンも、経験と、基礎だから、その経験を組み込んでしまった、撮影機材は、もう誰が撮ってもかなり綺麗なのだ。

あとはまあ、アングルのセンスって事になる。

このキットは、花とか宝石とか・・今写真に入ってる、Arduino UNO位の大きさが限界なように作って有る。まあ、ギリギリの最小構成って事になる。
これより大きかったら、LEDの光源じゃ足らないし・・


電子工作をする人はぜひ作った方がいいと思う。

いわゆるオークション撮影キッとよりは金属に特化してるから、この写真の汎用ライトだと、UNOはあんまり綺麗に見えない。金属質感用の、専用として組まれてるのが、。このポータブル撮影セットなのだ。


UNOのアップの部分を見ると、なぜ、電子部品の撮影に、EOSを使わないか良くわかる。

CCDが大きすぎて、ピントが来ないのだ。
CCDが大きければ大きいほどぼけるのだが、半導体の接写だと、惚けすぎるから、CCDの小さな、パナを使っている訳です。

2011年2月8日火曜日

思わず読みふけったWEBページ、エレキジャックBASIC

エレキジャックBASIC
このページを読みふけってしまった。

ちょっと前にたぶん通信法違反だが、こうゆうのを考えてた。

ソフトバンクの携帯同士は、通話無料時間が有るから、昼間なら全国スケールの、トランシーバーか、インターフォンに使える。
海外に出る機会が有る私なんかの通信費は時に馬鹿にならない。
スカイプとか、IP電話は色々持ってて、日本の拠点←海外は、それ使えば通信は無料だ。

とするとだ・・スカイプから、自分のサーバPCに電話して、そこからソフトバンクの携帯電話か、国内用IP電話(BBフォンとか)に電話交換を自動化出来れば、自家製国際電話にはなる。
スカイプ間は無料か、最低限の有料も便利なのでいいとして、(持ち出すPCにはスカイプアウトも入ってる)こうゆう簡単な交換機を作れると、ほとんど何処に居ても、どの回線使ってても結構な確率で無料だって事になる。(うちの関係は、iPhoneのおかげで、ソフトバンク利用率が非常に高いので、携帯通話は元々結構無料なんです)
ちなみに私は、行く先に、無線LANのIDが有るのと、移動が車かバイクでネット見てたら違反と言うのも有り、さっさとiPhoneは放棄してる。今は、iPodの新型。(GPS欲しいけどね・・国際で使えるNAVIは昔から欲しい。国内は言葉通じるし別にいい。迷うのもドラマだと思ってるから。)

仕事してる時間は、電話なんか欲しくないから、海外なんかに居るときは、切っておいたほうが幸せな位だし・・

無料通話なら長話出来るしね。だから全部ミックスしてしまいたいと思ってた訳だ。

海外拠点化なんて話もたまに聞くし・・小規模な、IP経由の、拠点間電話交換システムって考えてた時期が有るんです。
携帯にかかってきたら、拠点にあるSkype Phoneに転送し・・長電話は、iPodからのSkype経由で、携帯か、IP電話を通して国内通信させる。
それでも急いでれば、日本から携帯にかかって来るさ・・的なイメージだったりする。

この辺を、自宅の、WEBサーバーにログインして、ちょろちょろっと変更したりしながら、やってもいいかなって・・(IP経由で、日本の電話機の電話番号押せるようにとか・・当然、Skypeで音声は接続しっぱなしで)
総合的にやると、ドアホンまで組み込んでしまえるのも事実で・・アクティブな人には便利かなってね。


その昔、自前の国際IP電話ラインを、自宅と、イタリアで結んでたんで・・・(普通の電話機が鳴るし、当然無料)・・それを、交互の国の、外線に更に繋げてしまえば、自前国際電話網が出来てしまう。(酷い話、自宅のサーバーのProxyを経由して、ネットバンキングなんかするわ、日本でしか配信してない動画見るわ・・してました)
そうゆう統合通信サーバーみたいなもんですね。

まあ、日本でソフト買って貰い、サーバーに放り込んでもらっといて、それを海外から、直接インストールするとか、もう10年以上前にやってました。日本に持って来ちゃいけないDVDとかも・・・持ってこないけどみれるとか・・今ならエンコードしちゃうかもね(いかん違法だ)

これ以外に、呼び鈴と言うIPソフトも作ったな・・ボタン押すと・・どっかのPCが騒ぐ奴・・メールを読めとか、「暇なら電話しろ」とかの一行メッセージを画面一杯に表示して鳴るだけ。
Dynamic DNSで各PCにグローバル名付けて有ったから直接呼び出しかけられたのね。


今でもちょっとぶっ飛びすぎか・・

Arduino ISPは、DTRリセットを切れって書いてあった。

DTRリセットを切れってArduinoのパターンカットしろって事か、半田のランドが有るから切っても繋げるが・・
一瞬考えたが、(ちなみに、UNOは何故か動いてる)とするとAE-ATmegaなら、ジャンパピン抜けばいいだけじゃん・・Rx/Tx/Resetって出てる3個のジャンパの内の、Resetだけ。そうすればOKなんだね。

実際ISP機能用に、ISP端子を改造しちゃった、うちのejackinoは、mega8u2を乗せて以来何もしなくても書けてるが・・今度やるときは、外してみよう、その方が完璧なんだろう。

AE-ATmegaやejackinoの設計者がこの機能を考慮してたとは思えないが(だったらRESETの切り替えスイッチも付けるだろう)割と簡単に、ISPになるって言う事か・・

今は、FTDIで書けばいいと言う、鶏と卵の問題も解消してるから別にいいが、数秒で、ArduinoがISPになり、ISPコネクタも付いてるなら便利だけどね。スイッチ一個で双方向になるなら、結構いいデザインだろうな。何かに反映させるかな。

実際LUFAのAVRISP Mk2互換のサンプルコードは入ってて、やっとその検証をしたら、必要なのは、PB4だけに近かった。(LEDとか付けるなら、他のPBラインも)

同一電位ならば、(つまり、双方とも5V)mega32u2間に、max3002は不要だそうで・・よく読んでると、8KBモデルでも、最小限のISPなら動くような事が書いて有った。

Arduino UNO SMDにもPBラインがパッドとして出てるのは、その辺も意識してるんだろうと思う。
ArduinoもFTDIのBitbangに代わる手法を考えてもいるのだろう。それが出てくるなら、mega8u2ユニットは、そのまんま500円のISPにもなってしまうはずだ。AVR ISP MK2互換なら、普通に使うレベルでは、秋月で、3300円で売ってる本物と一緒かも知れない。

なんだ期せずしてもう一個ISPが出来かかってるんだなーーと思った。

誰でも考えつきそうな事なので、ググればもう有るのかも知れない。

なんかbenito Boardってのが出て来た、シリアルとISPを切り替え出来るらしいね。

MCUを、AT90usb82に変えてMakeしてみた

Size after:
AVR Memory Usage
----------------
Device: at90usb82

Program:    3946 bytes (48.2% Full)
(.text + .data + .bootloader)

Data:        321 bytes (62.7% Full)
(.data + .bss + .noinit)

これって入るって事じゃない?mega8u2の、ユーザーエリアは、4096Byteだから、足りてるね。

容量といい、これは、Arduino UNOに乗ってる、ATmega8u2をISPに変えようとして・・端子が足らなくて失敗したに近いかも・・最初から有る、PB1-PB3を何で使わなかったんだろう??ISP端子と、シリアルを一個のコネクタに収めようとした・・としても、相手側が違うから、刺しっぱなしに出来ないし。

ちょっと疑問に思うが、ISPには即なりそうだ。(Avrdudeはどうなってるんだ?)

動画を見て解ったが・・
シリアルコンバーターと、ISPをかねてる・・って事だね。

やっぱし、この配列だと、シリアルに使う時困ると思うけど・・
ソース弄ってピンアサインを割と普通のにして、ISPコネクタと、シリアルコネクタを独立させて、DFU用の、GUIコマンドの入ったアプリでも、Realbasicか、VBで書けばOKかもね。

ATmega8u2に MCUを変えたら、コンパイル出来なかったけど、AT90usb82は、mega8u2の別名位に考えるといい。

とりあえず・・mega8u2の活用法のもう一個くらいに考えよう。

一個解ったのはいわゆるDTR信号は移動できる・・うーんあれって、コード変更すればOKだったのかもね。でも・・誰でもMake出来る訳でも無いし・・とちょっと頭を悩ます。

温度ヒューズ

昨晩ちょっと家電が壊れて、温度ヒューズを探した。
元々いくらもしない家電なので、普通の人なら、買い換えなんだが・・昨今捨てる方の予算も考えると修理がベターだと思った。

壊れた理由は想像が付く、「加熱だ」・・家電は、中国製と思われるフライヤー・・どっかの通販で、980円で見た記憶も有るようなもんだ。稼働は1年くらい。(中国製は立派に、日本のタイマー技術を学んでいる・ソニータイマーとか)

分解は簡単で構造も簡単で、案の定ヒューズが切れてた、一日放置して、オートリセットも期待したが、ワンタイムだなーーで分解、madoelecからヤフオクから、そこら中でヒューズを探す。

ヤフオクに有ったのだが、4本200円・・4本も要らないが、ここまでは良かったが、送料が、宅急便で、最小500円(オイオイ)絶対勧めないと言う記載の定形外も有ったが、380円(手間賃300円らしい)・・材料費500円超えるなら、新品買うわい、それまで直結・・と決めたが。

なんとなくDYIセンターで目の片隅に記憶が有るから、今度行った時に見てこようと決めた。madoelec氏が、探してくれるって言ってくれたが・・

普通のサーモは付いてるから、最高温度にしたら見てないとやばいかも・・(でも稼働時最高位置でもサーモは効いてた)・・

コタツとかなら、100度以下なので、ちょろっとマイコンで組んで、オリジナルにしちゃおうかとも思うが、フライヤーだから、185度・・電熱体だけで、コスト足らんから却下・・madoelec氏と、家電修理の話で、メールで盛り上がってしまった。

そういえば、その昔、LGの液晶モニターTVが壊れた時、捨てようと思ったが、型番で検索したら、山のように、壊れたとか、修理方法とか出て来て、結局韓国の個人サイトにたどり着き、電源基板への電源投入場所、取り外すパーツ、壊れてる部品についての説明を見て、(読めないから読まなかった、見ただけ)説明の電源投入場所に、外付けHDDの電源をつないだら、生き返ってしまった、それから2年以上たつが、暮れにTVが壊れた近所の老人に貸し出されたりで、結構まだ活躍してる。


まあ、中国製も、韓国製も、或いは最近の日本製もつまんない所に手抜きが有るから、その辺直すと、いい家電になる、つまるところ、タイマー外しちゃえばいいのだ。

とりあえず生き返った、私の夜食製造器は、切り忘れ対策はしなきゃいけないが、復活した。(リセッタブルヒューズが有るといいんだけどな)

ちなみに私の夜食・・

この冬場は冷たいの嫌だけど、真面目に調理する気なんか全く無いので、マーケットで売ってた、ハッシュドポテトとか、気が向くと、本物のジャガイモを、ざくざくっと切って、フライヤーにたたき込み、iPodのタイマーに時間を設定して、違う仕事してれば、ファーストフード並の、ポテトフライが出来上がる。はっきり言って、何処のファーストフードよりも出来たてだから旨いし。時に、冷凍のコロッケを揚げて、パンに挟んで・・とかだが、手間もかからず、タイマーとかに依存してれば、発火しない、フライヤーは便利なので、知り合いには勧めてる。
微妙なのは980円とかって安いんだが、送料が、500円とか600円とかかかる事、ヤフオクとかは、1円とかで売ってるが、送料が、1600円なんて書いて有る詐欺みたいな感じだし・・

一瞬madoelecで、1本送料込みで、200円で売ったら?(温度ヒューズの事)

なんて思ったが・・・コアなニーズだろうなあ。(実体は1本、2-30円じゃないかと思うから・・利益率は凄くいいんだが・・・ミニレターで送れそうに思うしねえ)


まあ、こうゆうクオリティは、イタリアンクオリティを知ってる手前、別にびっくりしない。梱包を開けて、接地して帰った冷蔵庫が、1日待っても冷たくならなかったとか、新車のならし運転に遠出して、雨が降ったら、デフロスタが出ず、窓が曇りまくり・走れなくって、一泊旅行になってしまったとか・・
こうゆうのをイタリア人は、「初期不良は、保証期間中に、全部直してもらえば、長持ちするいい道具になる。」って受け入れる。
確かにその通りとも思うが・・・同時に、イタリア人は、自動車でいえば、メカニックの修理を信用しないから、自分でも最低限出来る訳だ。
この辺は、戦前型だった、うちの亡き父なんかもそうで、昔の日本人は結構出来る人が多かったと思う。だから、まあ、イタリアでも困らなかったが・・
この時の車の修理関係で言えば、デフロスタは、コネクタ交換で復活したが、スロットルとクラッチの調整に1ヶ月後に行って戻ってきたら、案の定・・ダブルナットの片側が緩み、カタカタになってて、走ってたら、アクセルも、クラッチも動きが変化するんで、開けて見て、自分でしっかり固定し直した。
あの国は、色々学ばされる国だったな。

ならしの一泊旅行は、自分じゃ絶対行かないような、観光地の、シーズンオフの、リゾートに、お客私らだけで泊まるって言う一種のお殿様気分だったのも有り、面白いハプニングになっただけだ。そうゆう日々のドラマ作ってくれるって言うのも、イタリアンクオリティなんだろうと思う。



最高のお殿様気分なら、ポルトガルのオビドスがいいよ。

1400年くらい前のお城に泊まれる、門に、国際文化遺産のマーク入り・・巨大なんだけど、5部屋くらいしか無い。(兵士のとことか、馬屋なら広いが、お客様とか、王様用の部屋は、5個しか無いのね)小学校の小振りな講堂みたいな食堂に、執事が5-6人整列してるとか・・アニメに出て来そうな、凸凹な城の屋上とか・・大体二グループ位しか居ないから、従業員の方が多い、ポルトガル国営ホテルだ。
文化遺産らしく、昼間は観光客(JALのVIPツアーと遭遇したが彼らは、コーヒー飲むだけ・・人数多すぎて泊まれない。・・ロビーで会って、「えーここにお泊まりだったんですか?」ってとってもお金持ちそうな日本人に質問攻めに合った。・・・いや一泊一部屋で、15000円位だったからーー家族なら全然高く無い、食事も一人3000円位だったから、ファミレスで豪勢にした程度・・で現地の最高級ワインも出たし・・怖いぐらいの礼儀の執事に、色々面倒見てもらったし・・執事!なんて言う、腐女子はぜひ行くといい)
建物自体が観光地で、日本で言えば二条城位のイメージらしい。(或いは大阪城)

ライトアップされてる、古代のお城の、観光時間すぎに、その屋上から眺める領地の光とか、夕日とか、ほれぼれする位綺麗だったな。泊まらないと絶対みれない風景だろうね。
強大な外壁と、中壁の間の非観光エリアを散歩して、城壁を叩いて、崩れたところからよじ登ってみたいな、童心に返った、本物のお城遊びが出来る。

で、お風呂に行く格好(トレーナーにGパン・・私の普通の旅行着)で、ありがちなお城の階段降りていったら、JALの添乗員とかに捕まり・・「何ヶ月前に予約入れたんですか、予約一杯って言われて・・・」(もうお客への弁解でしか無いな)・・「え、当日に、リスボンの同じく国営ホテルから電話してもらったら、空いてるって言われたから来た、リスボンの人が、絶対あそこに泊まれ交渉してやるって・・」・・日本人はこうゆう交渉ごとが下手なのだ・・その前日泊まった場所の支配人から、オビドスの支配人に紹介してもらって、その日の夜泊まる予定になった、前泊のやっぱり文化遺産ホテルの名前を聞いて絶句しつつ・・「お値段は・・高いですよね」・・・「日本の伊豆の民宿くらいかな・・」・・なんて話してた。・・たぶん添乗員の信用を失墜したな。

なんか、JALの添乗員としては、同僚に欲しかったみたいだが・・・

旅って言うのは、普通、その日の昼くらいに、観光案内見つけて、電話するか、泊まったとこのオーナーか、支配人に、「ねえ、いいとこ無い?あっち行くんだけど」って言えば、教えてくれるし、電話で予約まで入れてくれる。・・・同系の国営ホテルの支配人から紹介されれば、きっちり部屋は空けてくれる。(予約じゃなく、空けてもらうのだ)
だいたい、とんでもないところを空けてもらえるから・・毎晩ドラマを実体験出来る訳だ。ポルトガル語なんか喋れないが、支配人は英語で通じるからーー支配人がポルトガル語できっちり紹介してくれる。せいぜい、「いくらだけどいいか?」って聞かれるだけ、だいたい人数で割れば(欧州の場合、1部屋でいくらの方式・・この手のホテルはその気なら2家族は余裕がある部屋だ。2夫婦子供2-3人位の意味)・・で2万円超えたら超高級ホテルである。普通は14000円位・・人数で割れば安いよ。

このオビドスは、ポルトガル国民宿舎では、トップクラスらしく、その後、2-3泊分ほど「ここに是非泊まれ、聞いてやるから」って電話してもらい、相手の支配人の名前と、談話番号を貰ったから、その後凄く楽になった。・・何も予約して無かったのに・・

ついでだから観光写真

これオビドスの普通は登れない城壁からの風景
国民宿舎なんだよ。(ただし、現地としては高級)

こっちはスペインの国民宿舎

スペインの方は、最近やってたアニメの聖地に指定「ソラノオト」の原型だと思うよ。岩山の上にある修道院でこれも国民宿舎だ、やはり一部屋単位だから、3人家族で行けば、伊豆の民宿くらいの値段で泊まれる。(うち二人だったから、ちと高め)
ここは、隣のやっぱり岩山の上の町との間に、アニメよろしく、人用鉄橋がかかててる。下の道路まで100mは無いが・・50m以上は有る。

欧州は、正月の2日から平常稼働なので、2日の夜からは、シーズンオフなので、日本人みたいに、正月休みが、+あと1週間くらい有る日本人には凄くラッキーなんだ・・
うちは、1日の夜から、遠出にでかけ、8日位まで、シーズンオフの面白そうなとこを転々としてた訳だ。2日の夜は、仕事で使ってた定宿に、「悪い夜中の3時につくけど、部屋空けといてくれ!翌日昼まで寝かせて」って、中継地にしてた、ニースのホテルに飛び込んで、イタリアでは不味い、インド風カレー(あっちに居るとご馳走)を喰ってから、スペインに向かって爆走とかしてた訳です。
(贅沢そうに見えるが、一週間で、夫婦二人で、12万円位だったって・・高くは無いと思う・・燃料も宿泊も、食事も、おみやげも込みでだ)
ほとんど無人の、この手の、建物を、好き放題見て歩き、写真撮りまくり・・お風呂に行く格好のまま・・ウロウロ・・欧州放浪なんてそんなもんなんだな・・
ちなみに、その時期ミラノは氷点下・・スペインは12-3度なので、暖かい方にトンズラしていた訳だ。
さすがにせがまれて、一回、1日の夜のシーズン最後の晩餐を、フランスでやったときは、人に言えない金額かかった気がする。・・でも、ワインにラベルが付いて無いクラスだったし。(フランスで、ラベルが付いてない高級ワインって・・シャトーか自家でだけ飲む用に作った分で、知り合いとかじゃないと飲めないクラスで、値段付かない位高い。・・シャンパンも、ワインも、ラベル無しで出たときは、びっくりした・・味は・・はっきり言って違う物だった)・・フランスのシャトーの離れがやってる民宿に泊まったが・・客私たちだけ・・夜中に、ベッドとかが、宙に舞うんじゃないかと思う位、伝統と言うか、お化け屋敷と言うか・・聞いたら、歴史の教科書に出てくるような人たちの名前がずらーーーっと・・で、例の革命で、お亡くなりになってるので、怨念くらいいくらでも居そうなホテルだった。

ともかく、シェークスピアとかのカーテンの裏側うんぬんは、こうゆうとこに泊まると、なるほどねーーと思う。少なくとも四畳半は有り、窓までの枠も奥行き3mは有る。
つまりーーお偉いさんの部屋は、城壁の内側装甲だけでも6m以上奥に有る訳で、城はでかいが、部屋は結構狭く(とはいえ、幼稚園の教室位はあるが)外壁は、6−8m有り、砲弾が入らないように、窓が小さい訳だ。

あとまあ、日本で誤認してる、出窓のある風景(部屋の中から見た)は、イタリアでもそうだけど、壁断熱なので、壁の厚みが、普通1mほど有り、その途中か、一番外に窓が有るので、その間が、最大1mでそこに物を置いてるって事だ。
日本みたいに、壁から外に出っ張らせてる訳じゃ無いんだね。

アメリカのリゾートなんかに有る木造は日本式だけど・・原点は欧州だから・・原点はただ壁が厚いだけなんだわ。
ちゅうことは、マンションなんか見た目が欧州ぽくっても、壁がペナペナって事になるね。(撮影用の立て込みみたいに感じる)


ついでに言うと、戦争映画とかで、部屋の壁に隠れて、機銃かなんかを避けながら手榴弾で反撃して突撃とか言う風景・・その分厚い壁だからOKな訳で、日本のドラマとかで、木造家屋の壁に潜んで、反撃とかは、無理です・・貫通します。コンクリート壁なら拳銃弾くらいなら、なんとか・・それでも柱のとこ辺りで無いとかなり危険でしょう。
機銃相手なら、部屋の中で弾が跳ね回ります。(たぶんそれで死にます)

もう一個言えば、この構造は、日本で言えば、合掌造りみたいな伝統で出来てて・・自分の国の気候を知ってるから有り、イタリアの可愛い鎧戸とかも、全部それで・・ファッションじゃ無いんですね。日本の古来の建築の、長い庇や、瓦屋根や、藁葺き屋根の実際の効果と言うのを否定しちゃったから、エアコンが無ければ生きていけない住環境になっちゃったと思います。この欧州の分厚い壁は、氷点下の外界から中を保温し、(冷めにくい)・・小さな窓は、熱い夏の熱い日差しを遮り、分厚い壁が熱も遮るから、エアコンあったら便利かもね・・位で済むんです。
中途半端な物真似って日本人が言われるのはそうゆうとこなんですね・・


とまあ、雑談の嵐でした。

これはVoiceに書くべきだったかと、今更・・思っていたりします。

アルハンブラ宮殿の中にも国営民宿が有って、泊まり客だけは、閉館後も、ウロウロ出来るんで泊まりたかったが、そこはさすがに観光客の予約で一杯だった。シーズン外せば大丈夫じゃないかな??

なかなか進まないDoper




 まだこんなとこ・・一生懸命やれば1日で終わりそうなのだが、あれもこれもが有ってついつい遅れ気味。

テーマとしてはプロトシールド上に組むSTK500v1互換ISPだが、HVSPが主なので、割と苦手な回路が多い。モーター駆動系の作り物が多い私は、マイコンと、ドライバICをガンガン繋いで行くなんて、単純工作が多くトランジスタやFETは、常備しすぎで選べすぎ・・
Doperの持つ非常に安い昇圧回路なんか超苦手だから、廃止したんだけど・・MAX662に変えた・・そこから先に進んでない。

まあ回路図見ながら、DラインAラインからUEWで、べしべし繋いで行けばいいだけなんだが。

このタイプのプロトシールドはサービス満点な分結構使いにくかったりする。(これはAitendoから仕入れたもん)

目標としては検証しなきゃいけない部分を含んでて・・

HVSP
ISP
シリアル通信

の優先順位だ。
ソフトウエア的には

高電圧回路の削除
シリアル通信でのDTR(Arduinoリセット)の増設
STK500v1部の、Arduino完全互換
同電位AVRに対しての、74ICの廃止

感じ的には、自分の実用に必要な、HVSPを抜くと・・Arduino用の、ハードウエアブートローダーとしての可能性の試験を兼ねる。

ハードウエアブートローダーとは、つまり、ArduinoにDoperを乗せてしまえば、MCUに依存しないでしょ、MCUに何もブートローダーが無くても動くでしょ、って言うイメージで、今まだ、「グレー」扱いの自作Atmega1284Pブートローダーとかに変わる、基本的に何でもOKな構造構築用だったりする。
これを、秋月で180円になった、ATmega88Pかmega8で組めば、USBからどのMCUにも書き込め、動作MCU側の全容量をMCUの動作速度に関わらず書き込めるはずだ。
極論すれば、boards.txtを動的(Arduino IDEのリスタートは必要だったが)に書き換えてやれば、周波数も、MCUも依存しなくなる。
シリアルとの接続を明確にすれば、シリアルデバッグや通信系のアプリも問題無い。

無垢のMCUに書き込むので、ブートローダーの正否は問題無くなる。

mega8u2の値段、FTDIの値段、PIC18Fの値段と大差無いのだから、それでもいいわけだ。

現状、TQFP32で作ろうとすると、結構な価格になってしまうが、DIPなら可能なので、氏と付けのIF型にして、AE-ATmega基板ならば、右端の6ピンソケット二個、普通のArduinoならD0/D1に接続すればいい。
最近話題になってる、tiny4313とかは、コアがtiny2313と流用出来るから、そのまま使えるはずだ。
単純にUSBaspでISPしちゃえば、結果は同じだが・・配線がぐちゃぐちゃしなくなるのと、うまくmega8-16を探してくれば、内蔵可能になる。(DIPで良ければ内蔵可能だが)

これでも巷で言う、Arduino400は作れる、168Pで良ければ、Arduino380と言う所か・・ついでに、この通信部分もMetaboard互換にしても、ISPとシリアルは動く(HVSPは動かないとソースに書いて有るが)とすると、2個のMCUの連携もあり得る、マルチMCUでの、パラレル力ずくマルチタスクも可能って事になる。二個のMCU間で使える通信線が、4本維持され、RXTXも接続されるから、Metaboard側を、入力とUIに徹しさせ、外部MCU側を実行にさせる事が出来るし、HID化も可能だから、CDCが、WINで怪しい以外はmega8u2と変わらない、TQFP32に出来れば、ほとんど形状も価格も変わらない。
最大のメリットは、ライセンスが安い事で・・PIDを最小で買えば、一台当たり100円ほど転嫁するだけで、この仕様を完成品で売れる事になる。(150枚位までらしいけど)
入ってるのはISPだから、鶏と卵問題も解消し・・価格も、個人で出来る程度お手頃価格に持って行ける。

まあ、問題は、mega8/88が、何でもATMELで既にデスコンらしい事

メリットは、先日発見した、V-USB HIDのArduino ライブラリが有るから、mega8u2と違い、HIDなら、Arduinoから開発出来るって事だろう。
Arduino400と言う、PIC18Fを乗せて、PICもAVRも出来るより、AVR二個乗せて、両方Arduino IDEで開発出来る方が絶対便利。

安くて評判がよい、AE-ATmega基板への接続を考慮した物と、専用基板の両面で考えてみるかなと思ってる。

少なくとも、とっても嫌な、FTDI>MCU値段から開放はされる。(単純MCU価格での話だ、でも私の作ってた、mega8u2ユニット化<AE-ATmega+328P対AE-FT232>AE-ATmega+328Pの各価格の関係が、主張してるのと同じだ)
そしてmega8u2もこのV-USBでのIFも、IF部プログラム能力が有るから機能としてはずっと上だ。

V-USBでのIFは、mega8u2より性能で劣るけれど開発性はずっといい。
あとは某御仁に期待してる、CDC部の移植への期待かな。(自分でやっても出来そうに思えてるけど、たぶん専門家の20倍以上の時間と、無駄な試行錯誤の繰り返しになるから、年末とか、思いっきり暇な時じゃ無いと苦しい・・お願いしますぜ!)

同時にこれが出来れば、このデュアルMCU体制と別の、metaboard系での明確なArduino環境も出来るので、価格はより一層下げられる。metaboardの欠点は、シリアルデバッグのとこだけに思える(歯抜けになるIOとかの弊害も有るが・・最悪もう一段多ピンの40ピン系に移行すれば済む気もするADCがずっと増えるし・・)

2011年2月7日月曜日

今更調べた・・V-USB metaboard Arduino の関係

有る事は有るんだね。これ・・
CDCが無いのは、Windowsの問題が有るんだろうな・・V-USBはこのCDCがWindowsで使えず、将来消滅する可能性を、相当重く受け止めてる訳だ・・
「いやあ、その前に、Windowsが消滅する(して欲しい)」と思ってる私としては、重く考えない。
Ubuntuとか使ってて思うが、もう少しだけ・・もう少しだけ素人に優しければUbuntuの方が全然いい。OSXは、確実に、Windowsよりいい、Androidもたぶんいいだろう。
個人的には、あと数年、或いは今年とかに、OSXは無料になるんじゃないかと思ってる所から言えば・・「たぶんLionは無料だと思うんだよね・・」(PCで動く保証は、Appleはしないだろうが、たぶんOSX86の集団がするだろう・・Appleも自己責任でなら、動かしていいと考えるだろうな)

なんたって今や、リンゴのメニューのとこに、Appleのソフトのお買い物メニューまで有るのだから、普及した方が、アップルは得なんだから。もうOSXは、でっかいiPhoneみたいなもんだ。

昔のハイパーカードスタックの、フリーウエアや、シェアウエアの時代に戻った感じがひしひしとする。

迎合しない開発会社に、アップルが若干高圧的に見えるが、それはたぶん値段の問題や、巨大化してしまった、相手に縮小を要求してるからだろう。
仮に、何でもここで買えるなら、日本のAdobeの子会社は代理店は大打撃を受ける・てか草も生えないだろう。その分ソフトの価格は下がる。
迎合しなければ、今度は、このアップルのストア内から、支持されたソフトが追い上げる、完全にジレンマではある。10年もしないうちに、某、CS5のセット15万なんて言う商売は出来なくなるだろうね。・・開発会社としてはそれは嫌だろう。

Windowsはこれをどう対処するかは知らないが・・MS-OFFCE 980円とか言えば、追従出来るかも知れない、同時に、Windows OSを無料になら・・
この部分で、Microsoftは完全の負けてる。
いっその事、WindowsをXboxと統合し、Officeも出来るゲーム機にする手は有るが、それやると、今まで散々使ったハードメーカーに総スカン食らうだろう。同時に、Sonyや、任天堂に総攻撃を食らう。
そして、Windows機で、普通にOSXとかが動き、VMで、過去のソフトも共存出来ると、それじゃ出来ないのは、本気の3Dソフト、本気の3Dゲームとかで、そんなのは、ゲーム機にやらせればいい。(本気の3Dソフトは、OSXの方がいいくらいだし)
Windowsユーザーも聞くと、「Mac買えれば買うさ!」って怒ったように答える人が多いし・・「いや、普通に、違法でも何でもなく動くじゃん、Ubuntuと一緒」って事になると激変する。

そうすれば、V-USBの悩みは、意味が無いかも知れない。


私自身が、OSX Ubuntu その他としてのWindows 位にしか重視してないのはそうゆう理由だ。自分自身が、まだ、Vistaで良いです、主力はまだ、XPです。それもほとんどは、VMです・・(困ってない)・・・最近、Bootcampのパーテーション捨てたいって言う相談受ける事も多いし

aitendoシリアル

aitendoのシリアルをmomo氏のとこで見た。
なるほど、RSTって書いて有るあたりがもろに、Arduino向けかも・・
momo氏は改造してるからいいが、私自身は一個だけ確実に方針が有る。

基本的に電源が出てる物に、ピンを付けない。ソケットにする・・だったりする。
出力側はショートを避けるために、出来る限りソケットにする。これは、自分でも嫌な思いを何度もしたから、絶対曲げたく無い。

まあ、ソケットが有ると言う事は、本体に対するオプションで、本体1に対して、オプション多数の場合が普通は多いので、この方が、安くつくと言うのも有る。

ブレッドボード用の時は目をつぶるが、Arduinoを使い始めてから、ブレッドボード上で、電源や、通信のついた、MCUセットを組むのは激減した。
どっちかと言うと、この回路どうなってんのよ・・試しに作らないと解らないな・・みたいな使い方なので、Arduinoからジャンパで飛ばす。

このソケットOUT/ピンINの関係を教えてくれたのは、Arduinoだと思う。それまでは、OUTにピンが立ってて、「ああ、もうすぐ完成だ」くらいの気が緩んだ時に、「バシ」っとか言う音で、余計な部分が壊れたりしてたのも有る。

だから、出力に、ピンが出てる基板を見ると、交換しなくっちゃ・・と言う気分になったりする。

まあ、シリアルに関しては、うちはmega8u2が豊富に有るから、FTDIさえ要らなくなっちゃった感じだし、いい加減に、このシリアル問題から開放されたかったから、mega8u2を買った訳だ。
AE-FT232にしろ、このaitemdoのにしろ、単純に、USBシリアルコンバートしかしないなら、どっかで統一しないと、アプリの実行に関係無い部分だから、なるべく考えたく無くなった、その結果が、mega8u2だった。

スイッチ代わりのシリアル通信なら、もう、Tiny45-85のAVR-CDCでいいし(WINで使わなきゃ)

で、今の理想で言えば、V-USBのライブラリの、Arduinoへの移植だと思ってる。

それが出来れば、極論すれば、mega8u2も要らなくなるし、UNOのmega8u2部の開発より、一元化出来るので、楽なはずなのだ。

ただまあ、出来るんだったらとっくに出来てておかしく無さそうなので、なんか無理が有るのかな?

MAX662

MAX662って、ただポンとつなぐと、12V出るってもんでも無かったのね。4.7uFのコンデンサ付けずに、測ったら、8Vで、なんでしょうねこれとか、一瞬はまった。
周辺機器はたしかに、100円ショップ変圧機より、小さいし簡潔、実装面積的には、半分にはなってない気がする。コスト考えると、100円ショップ仕様で良かったのかも。
今回MAX662でやったのは、動かなかった時に、全部自作ばかりだと、何処が悪いのか解らなくなるからです。
周波数は解るけど、ノイズは解らないし、立ち上がり時間なんかも解らないからオシロ欲しいなあとか思いつつ、たしかArduinoの簡易なオシロのスケッチが有ったなあと思っていたりします。

ステッカー・・Sanguinoのも作ろうかと・・

なんか、忙しいのに余計な事ばっか、自発的に増やしてるな・・
Doperは、シールド上で、12V出すとこまで(と言っても、MAX662)結線し、で、このRESET端子のONOFFは誰にやらすのさ・・で・・引っかかってます。
Doperは、自力で、コイルとTRで高電圧を起こし、ADCで測って使ってるのですが、この作り苦手なので省略、ソース直して、確実に、12V出てる前提にしちゃえばいいのですが、どこ書き換えようかではまってる。一回高電圧関係のコード捨てて、出たエラーの場所を潰して行けばいいかな・・
基本的に、ISPは飽きるほど有るので、HVSPだけ、それも、8ピンと14ピン限定で出来ればいいので、要らない物みんな捨てられるといいのだけど・・
V-USB系で、新しい、HVSP用の、ブートローダーとファームも見つけたけど、ある意味立派すぎるし、手持ちに無い、mega16が必要なので却下した。(回路はほぼ同じだった)

もしかしたら、面白い物が一ヶ月位で見せられるかも・・具体化しそうだが、まだ秘密って言うか、出来なかったら恥ずかしいし・・

折角ここまでやったんだから、「一石くらい投じたい」・・え?「すでに、小砂利一杯投げ込んでる?」まあ、所詮、見る人によっては、「巨岩」にも見えるし、「ゴミ」にも見えるもんだから、気にしない。私にとってはまず投げ込みたい「石」で、別に「巨岩」持ってるけど、それを作れるかは、まったく解らない。そういえば、もう一個割と大きめの「石」もあり、今そっちでお尻叩かれてる。

2011年2月6日日曜日

やばい、ちょっとお尻に火がついたか・・

Tiny85まだかと・・およびが・・
構造は出来てるが、HVSP機構作っておかないとやばいや。
急ぐ事になってしまった、AE-ATmeagベースの、Doperだから参考になるかもね。

2011年2月5日土曜日

TQFP32変換基板用上面ステッカー ダウンロード出来るようになりました。

そういえばiWebをアップデートしたのですが、ファイルのリンクに関して、また仕様が変わったのかな・・リンクに、ファイル選択して、ボタン押しても、一部のファイルで行かないのかも・・ZIPで圧縮したらなんの事は無く・・行きました。

ほとんど、オートマのiWebは楽なので、全然気づきませんでした。

ごめんなさい。

V-USBを検証してました。

やり尽くされた感じのV-USBの検証MCUは、168pを使った。
なんと言うか、V-USBって微妙に、配線が違う、それを修正するのに、何処に統合しようかとコンパイルを繰り返してた。
今のところPD2/PD3に集約してる。
先人が苦労して、Tiny2313に詰め込んだようなのを、もう一度、mega8系に変更しようとか・・結構統一すんのは大変みたいだ。
とりあえず・・
AVR-CDC
USBasploader
Doper
位はなんとなく統一出来た。

一応、USBasploaderが動いてる環境に、そのまんまAVR-CDC入れたら認識はしてる。
やっぱりINT1を最低使えるようにしないと不便に思えるから、MetaboardのPD2/PD4にするかな・・

まだUSBasploader上の、AVR-CDCを試して無いが・・・ちゃんと使えてるっぽい他のAE-ATmega基板のmega8u2を外して結線して見たところ一応、通信出来てるみたいな気がする。(まだ完全じゃないけど、大丈夫そう)

と言う事は、metaboardに対する、Arduino用の、AVR-CDCライブラリ作ればなんとかなると思うな・・マルチタスクさせなくても、ライブラリが有ればいい。
V-USBは、色々オプションが有りすぎて、結構大変なんだけど、初心者が使えるように思いっきり簡略化した、ライブラリ有ると便利かも知れない。

なんとなく、単純に、metaboard coreを作ればいいのでは無いかと思う。中身はほとんどArduinoのままでいいが、vusblib.hかなんか足して、USB系のピンアサインとか、Arduino IDE側で出来ないようにして
 VUSBSerial.begin(9800);
こんな感じで、検索置換で、置き換えられる位単純化すると、移植が簡単になるかも知れない。
HIDで使う時なんかも、イニシャルとか面倒だから、
VUSBkeyboard.begin();
VUSBkeyboard.key( KEYCOARD )
これくらいのコーディングで動くのを希望するな・・

2011年2月4日金曜日

TQFP32変換基板用上面ステッカー

ATmega8-328p / 同Arduino   ATmegaXXu2 等の上面ステッカーをHPのDownloadsに置きました。
ご自由にご利用下さい。
秋月のTQFP32変換基板を利用してブレッドボード用に、ATmega328Pや、ATmega32u2などを使う時に便利かも知れません。
周辺部品を付けても付けなくても、貼っておくと、マニュアルを見ないで済みます。

出来た2枚のmega8u2

正味一時間半位だと思うのだが・・写真撮らなければ結構早い

Xtal無しで配線を記録してる。


今回違うツェナーダイオードにした。
理由は特になくこのタイプだとどうなるって言う意味でやった
結構D+がキツイその代わり、3.3Vの1uFも基板に載ったが・・


二個同時に作ればほぼ同じになる、変える必要無いし

Xtalが載った状態

よく見るとLEDの抵抗の数値が変えてある。色も違う
今回は作例じゃないので、気の向くまま組んだ。

D+のダイオードピン刺すときに辛そう、「ごめんなさーーい」
これは、ちょっと話が合った人に、プレゼントする分で組んだもんです。
特別規定も無いから、久しぶりに自由工作で作ったmega8u2ですが、それでもMCU下配線や大体のレアウト崩すに至らないから一種私なりの完成型なんでしょう。

本当は今週頭に出来て無いといけなかったので、ちょっと多い急ぎで作ったから、ISP大丈夫かな?

2011年2月3日木曜日

さてちょっと止まってたmega8u2作るか・・

ちょっと約束有るから、遅れちゃってる。mega8u2作らなきゃ。
V-USB方面は、madoelecがやりたそうだから、私の希望する、仕様書を送った。

私が言うようなマルチタスクは可能だと思ってる、(機種依存はすると思うが)問題は、bootloaderとして見た場合、SRAMや、TIMERをUSB-CDC部が常駐するから、ArduinoIDEとの親和性は怪しくなる。専用COREまで用意すれば、回避出来そうには思うが・・
あとはまあ、PCと同じく、非常に高速なタイミング処理させるとまずいかも知れない。
素人の私がそんなこと考えるのもやっぱり時間の無駄かも知れないから、忘れちゃおう。

ただ、一番近いのは、実はUSBaspじゃなくて、Doperじゃないかと思ってる・・・CDCで繋がって、ISPでシリアルコンバーターもHVPも有るって言う意味でね。
と言う事は、DoperのISP部分を、自分のFlashのフリーエリアに書き込む仕様にすればいい訳だ。

大体のBootloaderが、ISPとほとんど同じ物でなので、出来るんじゃないかなーーとお願いしてみてます。

僕がBootLoaderをいじれる理由

毎度あちこちに有りますが、私BASICのアマチア・プログラマでC++なんて知らないしアセンブラなんか良くわからんと言う人なので、あんまり突っ込まれると困るんですが・・
PICの時代からもそうなんですが、Bootloaderは、結構いじれるんです。
理由は、はっきり言って短いからですね。
OptiBoot 512Byte
FastBoot 384Byte
Picで作って他のはたしか、256Byteだったかな、384Byteだったかな・・

日本語にしたら、たったの、255文字を生成するプログラムは、コンパイルオプションを除外するのになれれば、実効コードは凄く短いんですね。

各ブートローダーの中には、世代単位での差をカバーするためのMCUごとのコンパイル時のコードが入ってますから、自分が作ろうとしてる、MCUはどっちか?・・・考えもせずに、切り替えてみて、MCUにISPして、結果見れば、どっちがいいか解るから、・・って言うやり方です。
二択か三択くらいだから、総当たりしたって、たいした事無い、それが全部で5−6カ所有るだけで、間違いなくこれはこっち・・ってとこも有るので、割と簡単なんですよ。

つまるところ、一世代前のMCUって言うとこには、ATmega8 って書いて有り、いわゆる現行のとこには、ATmega168とかが有る方、それが二択になってる。
後は、MCU単位の設定が書いて有る、ヘッダファイルだけど、長いのはMCUが一杯有るからで、必要なとこは、せいぜい8行です・多くてその倍・・64KB以下のMCUなら、その辺に足したり、選択し直せば動きます。(全然駄目は有るよ・・そうゆう時は素直に諦めましょう)

bootloaderの場合、一番長いのは、makefileだと思う位だから、Arduino IDEの文法と、BASICの文法に照らしてみれば、なんとなく何言ってるのか解ります。
そうだなーーイタリア語多少理解出来る私が、スペイン語聞いてる位は、解ります、フランス語ほど難解じゃないが、(ありゃ発音で・文字にしてくれると解るんですよ)・・英語出来ると、ドイツ語が何言ってるか微妙に解るみたいなね・・

たぶん、ここだべ・・・

で直すと動くんですね。

これ長くて、分岐が、100も有ったら、総当たりも出来ないし、お手上げなんですが、ブートローダー位なら・・なんたって、日本語255文字・・自動生成するための、プログラムですから・・・


実は前に書いてた、ISPのGUIアプリは、その後の、「なんだ読めるじゃん、GCC」で・・ちょっと変更してるんですね。
つまり、FastBootの方が、Optibootより、64KB以下に関しては全然いいので、FastBootのプロトコルを、STK500v1にしちゃえば、代替え、BootLoaderに出来て、Arduinoの改編も要らないよねって言う考え方ですね。

実際STK500互換、ブートローダーっていくつか有るんですが、Arduinoで動いたり動かなかったりなので、うまく最適化すればいいんだろうと。

FastBootの方が、いいって言うのは、FastBootは、Tiny13から、mega644pまで、どれでも動き、通信線1本でも、RS485でも大丈夫で、更に、通信速度を、自動判別するんです。1200BPSから、115200BPSまでの範囲(8MHzのソフトURTだと、38400BPS位が安全ですが)で自動認識します。OptibootもATmega_Bootも通信速度ごとに、ブートローダーをコンパイルしなきゃいけないんですね。(単にMakeに周波数いれるだけだけど)
これは、boards.txt書き換えてね・・って書かないで済むので便利なんですね。(早くしたければ書き換えてね・・で済む)・・optibootから交換した場合ですよ。

Fastbootは、独自プロトコルなんだけど、原型はSTK500って書いて有るんです、じゃあ原型に戻せばいいじゃんと言う事なんですね。(弊害が出てひょっとすると大きくなるかも知れないけど、元が、256Byte-384Byteですから・・)
たぶん独自になってる理由は、tiny13とか、2KBクラス用に、つめたから、STK500を簡略化したんだと思ってます。
プロトコルリスト見てると、たしかにスタートとか一緒だし・・

512Byteになってもいいや、Arduino用だし、4KB位から使えればいいんだし・・どう考えたって、TIny13を、Arduino IDEでプログラミング出来ないですから。


私は割と、Arduino側を改造して使えるようにしようって言うのは、性に合わないんですね。だって、バージョン上がるごとに、利用者全員がパッチあてなきゃいけないのは不便です。30分で終わるにしろ、利用者が1000人居たら、トータルで3万分ほど、時間を無駄にしますからね。(20日分くらい)
だたったらこっち側直すって言う、そうゆうタイプなんですね。(自分が、20日かかって直せば、以降時間は失われないって言う意味で)

ちょっとこれはやってみようと思ってます。

最近MCU買い出して思ったけど、Tiny13と、Tiny85の価格差とか考えると、8KBだけでいいやって言う気になってますし・・大きさの問題で、Tiny25は気になってますが、たぶんArduino IDEだと有効に使えないだろうとも見てます、それもたぶん、15-20円位の差しか無いはずなんですね。Tiny45と、Tiny85の差額が、5円だったんですね・・85選びますよね。


なんて言うか、私は、その昔の、MacOS 6-9までの内で7辺り位までの、Toolboxの、開発ガイドラインが、まるで聖書のように立派だと思ってるんですね。
アプリケーションは、OSの標準サービスだけを使い、独自サービスは、アプリ内に内包する、基本的に、Toolboxを使うって言う奴・・勝手にOSにDLLなんかぶち込まない・・好き勝手にあっちこっちにINIとか書き込まない・・昔のマックの、ドラッグドロップでインストール出来るアプリですね。
OSをいじらないで、どう乗り切るかのパズルゲームなんですね。
何でもかんでもいじっちゃっていいなら、簡単なんですよ。ただ、その結果誰でも使えなくなるし、延々とアップデートやメンテナンスしなきゃいけなくなる。

何処かで互換性とっておけば、開発者が死んじゃっても、アプリは生き残るんですね。


なんて言うか、Avrdudeとかがサポートしてる、ISP互換に作っておけば、私が飽きちゃっても、それまでの成果が無駄にならないんですね。
これ日本の成果物で凄く多くて、折角開発したのに、全然使って無い物とか・・例えば、テレテキストとか、ラジオの文字通信とか・・・例えば、イタリアだと、この日本が開発しといて使えて無いテレテキストで、空港のあのモニター表示が、家でみれますし、列車の遅延も、高速道路の渋滞の文字で読めます。車に積んでおけば、IPなんか無くっても情報は得られるんですね。
たぶん地デジも同じような機構で、番組表を送ってるけど、番組表しか送ってない。
道路渋滞情報とか送っててくれたら、車の中で表示できるが、それはNAVIに頼ってる。(NAVI売りたいから、わざとやらないのか?)

いわゆる、「仏作って魂入れず」みたいなの駄目なんですね、私自身がコンテンツ作る商売で、コンテンツ嘗めてるメディアって嫌いなのも含みます。・・どうもハード優先しすぎるんですよ、日本人も、日本政府も・・ゲームもそうだけど、洒落たコンテンツで内容が良ければ、「エロゲー風の紙芝居」だっていい物はいいんですもの。3Dでグリグリすりゃいいってもんんじゃない。
そして、ハードと一緒に、ソフトがゴミになるように考えられてる・・ソフトの継承性が無視されてるんですね。すっごい量の、頭脳時間を注ぎ込んだ物を、惜しげもなく捨てちゃう。
他の国ってそんなに無駄しないんですね。
国民の英知の結晶を、ハードと一緒に、4-5年で、無かった事にするってもったいないですよーー

MSXの根強い引っ張り方にも感動しますが、PC9801とか、TOWNSとかどーなったんでしょう、やっぱ結晶は捨てられたんでしょうね。

日本人の好きな、独自路線の方向を行くと、そうやって、いずれ捨てられちゃうので、私はそれ出来ないんですね。

とりあえず、互換路線で行こうかと・・

ArduinoにV-USBって移植出来ないの??

V-USB シリアルライブラリが有ると、色々解決する気がするんだけどなーー
論理的には出来そうに思うのだが・・でかいのが欠点だけど・

8KB機だと、ブートローダーで2KB AVR-CDCで、3KBなので、残3KBしか残らないが・・・32KB機や、64KB機なら、ATmegaXXu2系より消費が少ないんですけどね。

V-USBのソースを見る限り、優秀すぎて、柔軟性が有りすぎるから、Arduinoのライブラリに向いてない気はちょっとするから、機種限定(mega168-328pの二種のみ)でいいから、tiny V-USBライブラリみたいなのが有ると嬉しい。(tinyとか容量の問題で無理が有るから)
CDCを、USBserial.print みたいに出来ると結構便利に思うのだが・・HIDは、柔軟すぎると、ドライバ書かなければいけないから、HIDKeyboardと、 HIDgamepadの二種くらいにイニシャライズ出来るといいなあと思う。

madoelec氏が、前の会社で、USBのファーム書いてたとか言ってたから・・V-USBの上に一枚被せて、ライブラリに出来ないか聞いてみるかな・・

実は先日、USBasploaderの件やってる時に、「私の方で、V-USB互換のオリジナルコード書きましょうか?」ってメールが来て・・(普通の人なら大喜びするだろうが)
「悪いけど、それ書いて、ボードに入れて売ると格好良いけど、USBコンソシアムに毎年40万円払わなきゃいけなくなるんで、まず、ATMELに、PID分けてくれるか聞いてからにして」
って言っちゃったしなあ・・・(だれかATMELに開発用のPID要請するPDFの在処解ったら教えて下さい。Microchipには有ったよね)
個人的には、V-USBに、199ドルか、500ドル払う方なら、なんかまあ、いいかと言えそうな気がするんで、そっちでやって欲しいんだけどな・・

残念ながら悲しいから、一人で出来る範囲でやると、バグフィクスや、OSの変化への追従を考えると、サポートに無理が有ると思うんだね。
ライブラリのコアは、V-USBに任せておけば、そこはやって貰えるから・・Arduino対応の、ヘッダとか、いくらかのコード書けばいいんじゃないかと思うんだけどね。

madoelec氏は、元マイコン・マルチタスクOS系の、エンジニアだったはずだから、ブートローダーとして起動し、アプリ起動を、完全に消え去らないで、仮想ソフトウエアシリアルとして常駐するような、ローダーが有るといいのだが・・
USBaspのbootloderは有るから、いっその事、AVR-CDC+STK500v1が入ってるブートローダーとか作れないだろうか。
(まあ、きっと読んでるから、唸ってるかも知れないが・・・V-USBのライブラリ使って良ければ、なんとかならない・・・かな??)
マルチタスクして、常駐してる、bootloaderだね。
うまく出来ると、USBasploaderの、ブートジャンパ要らなく出来そうに思うんだが・・

PIC18F14K50

kane4dさんのblog "作って壊して"にコメントしてしまったので、結構古い作品で、mega8u2以前の、私のシリアル環境をUPします。


Arduino 980?
800円+180円

あー得意のランド割の基礎はここに・・

今これにoptibootが入ったら、Aitendoの板にATmega64乗せようかと・・

AE-FT232互換

うちのejackinoのシリアル部の前任者です。

私は元々はPICで、Pickit2も有るので、さくっと・・出来ちゃいます。PIC18F14K50は結構好きなチップで、これ専用の、USB-ISPケーブルを作ってます。USBコネクタ(デコードして、Pickit2に配線)と、RESETだけ繋げば、ISP出来るのでATMELもこれだけは見習って欲しいと思ってます。

ただ、うちで比較した限りで、大きなスケッチ送ると、何回かに一回、フリーズしてる気がするのと、FTDIに変えると動くスケッチが有ったので、ATmega128-16では、38400BPSに落としてました。(それだと大丈夫)

PIC18aspxと切り替えが、動的に出来ると、ISPで書き込んで、シリアルデバッグ出来そうなんですが、つめてません。(と言うか、PIC18aspxって、Macで動くのかどうかも調べてません)

100個単位で、MCUを買ってる私の価格だと、mega8u2と価格差が無いので、微妙な性能不安を考えると、mega8u2の方が安定してて楽です。
必要部品も、ほとんど同じだし、シリアルの一個の選択肢だと思ってます。

実は昨年の初めくらいは、このシリアル部で、PIC16F886を使った、Arduinoもどきを作るのに、ブートローダーまで再コンパイルしてました。
 あとこれと、PIC24を使った、pico BASIC インタプリタのボードが、2-3個有ります。・・これならOS依存しないし・・
そんな経緯が有るから、最新のPICもちょっと気にはなってます。Xtal無し状態なら、性能的にはmega168と五分五分のスピードで、世代的には新しいですからね。
これはやらなくても、たぶんPinguinoあたりが増えてくればMCUの壁は無くなるかもなあとも思ってます。(これのArduinoもどきも作りました)

私は、AVRでも PICでも使いやすければどっちでもいい方なので(だって、PIC10のサイズのAVRは無いですから・・8KBも有る、PIC12も無いですが)適材適所論です。
あんまりBlogで PICを書かないのは・・某御仁が苦手らしいからです。(でも時々Pickit2の写真とか出てるでしょ)

「どっちかを捨てて」なんて私はいいません。折角便利なんだから、両方使えばいい・・うちの環境って、Pinguinoを、Arduino互換と言ってしまえば、PC/MAC/UNIXから、PIC/AVRも、基本的にクロス環境に近いですよね・・私、ハードメーカーなんかに、従う気全然無いので・・どれでもいいけど、覚えるのは、各一種類か二種類にしたい・・そうゆう方針です。

結構、PIC16Fも好きなんですよ・・性能なんか、必要な機材にだけ必要で・遅いったって、人間が認識出来る速度じゃないですから。100uSecより早くなければいけない作業がどんだけ有るか・・一杯有るなら、AVRを使った方が楽・・・PWMを多用するなら、AVRって言う気はしてます。使わないなら、PICでいいと思います。

AE-ATmegaのPICバージョンが出たら、とっても嬉しいんですけどね。

2011年2月2日水曜日

最近aitendoのこれが気になってる。

PIB-ATMEGA128だaitendoには、USBaspでお世話になってるので!!!今一心配なのだが、下手な変換基板より安いしそのままメインボードに使えそうなんで気になる。
今更ATmega328Pの違うパターンフォーマット持ちたいと思わないが、昨日、ATmega1284Pの64KB越えスケッチが動かない問題の検証に引っ張り出した、ATmega128-16AUが結構使えるのだ。
ちょっと多ピンもう一個足そうかな・・mega1280ほどは要らないけど、40pinは数台有るし、64PIN行ってみるかなーーとか思ってる。
あまり欲張らず、普通に、bootloaderが動きそうな、ATmega64行ってみようかって言う気がしてるのだ、ATmega1284Pは有るし、多ピンで気楽に使えるのが欲しい・・
ATmega64とこの基板なら、750円で出来る可能性が有る。まあ送料考えるとそうは行かないが・・


なんて言うか、手頃な価格の多ピンと言うのにちょっと興味が有るのだ・・

仕事出来ると損だなあの続き

なんかTwitterでリンクされたので続き・・

それはおかしいって書いてくれたが、うちの業界に多いのは、他にも・・
私は、スケジュール通り、ほとんど毎日、5時半に終わって、汗もかかずに、さっさと帰る人で、写真も、別に悪くないと思う、スタジオでは、ADと大笑いしながら、ちゃんとスタッフに信頼されてるつもりだ。

でも一部の人は・・同じ仕事でも、夜中の10時のスタジオ門限まで、ほぼ毎日ねばり・・夕飯も食わずに、汗かきながら、大声でどなりちらし、時々ギスギスするまでイライラしながら、写真撮ってるカメラマンも好きな人は居るのだ・・

経験はどっちかって言うと、たぶん僕の方が多い、自分の名前だけで仕事してた時代(つまり、ワンジョブ一発を、一人で受けられると言う意味)で言えば、たぶん圧倒的に長く、日本の自動車メーカーでやってないのたしか一社だけだ。(スバル)

で、なんか知らないけど、夜中までやってる人の方が、ギャラが高いのだ・・

なんか、汗水垂らしてるてると、頑張ってるように見えるって言う演出も有るんだなーとか思って、無理矢理間延びさせるぞーーって、スタッフに言って、それでもせいぜい8時半くらいまでやってると、私の場合、だらけて、サボってるようにしか見えないんだわ・・
私は、さっさとやって、さっさと帰る、スタッフも含んでテンションが保てる範囲で、一番いい仕事をすればいいと言う姿勢で、どうせデジタル処理出来るから、いらんとこは全てぶっ飛ばす。

汗水垂らす人は、「それ絶対いらんでしょう」みたいな合成用予備カット撮りまくってる。

このカット代の部分で、増えるんだろうけど、どうせ予算は限られてる訳で、増えやしないから、と思うが、なんだかんだ、頑張ったからーーとかで、あっちの方がギャラ増えるんだわ。

はっきり言って、7時回って、テンションが切れた後のスタッフなんか使い物にならないから、そんなのに付き合ってたら、イライラするだけだし・・夜の7時以降にテンション保たせるなら、3時くらいに、お昼寝タイム作っちゃう奴だから、余計、だらだらサボってるように見えるんだろうな。

別に、スポンサーからは、褒められても、怒られてはいないから、ある意味対等なはずなのだが・・

昔、某自動車会社で遣ってるときに・・

そのギャラ計算だと、「下手なら、下手なほど、ギャラ増えますけど」って言うのが有った。つまり、残業して、休日出勤までしないと、ノルマこなせない人の方が、週休二日で五時に帰っちゃう人より高いのだ。
責任無いから、「再撮影」が有っても、ギャラ貰える。
私は、再撮影、ゼロを誇ってたから、ギャラ安かった。つまり、上手ければ上手いほど損する、でさすがに怒って、日当を上げてもたったら、・・「不公平だ!」って大騒ぎになったんだわ。・・・単に、結果を提示して、土日の休日出勤しなくても同じ値段にしてくれって、素直に交渉したら、受理されただけなのだが・・

こうゆう時に、「不公平だ」って騒ぐのも、汗水たらしてる方なのだ。


どうして、時間差が有るかなんか最初から僕は知ってる・・

私がアングル決めるのって、長くて30分、・・「気分!、格好いいからOK・・良いですよね!」で決めちゃうんだが、汗水組は、「あ、違うか・・待てよ、こっちだよな、・・ああまあ、良いよねこれで」までに、2−3時間かかるのだ。そんなの一日に二回もやったら、そりゃ二カット撮るだけで、10時までかかる。

僕は、カメラマンなんてインスピレーションさ!って言うタイプだから、長いことやってると飽きて、印象が甘くなるから嫌なんだ・・だから、30分超える前に決めようとする。その分、走ったり、転げ回ったりはする。「カメラ頂戴!」とか、地面にはいつくばって叫ぶ方だ。

方や、じーっと見てるタイプ、後ろで見てると寝てるんじゃ無いかと思うくらい見てる・・それそ何度も繰り返し、結局ほとんど元の位置に戻ったかと思えば、「どうでしょうか?」って、決定をADに押しつけるから、「どうか」って言われれば、「もうちょっと低いのも見てみたいな」とか言われて動くから、あっと言う間に、3時間、結局、カメラマンも、ADも、「まあ、真ん中取って、ここかな」と言う話で決めるタイプだ。

私の場合、「ここ結構好きだな、」「ここも悪くないよね」「ここなんかいいじゃん」って、手持ちでバシバシ取って、全部並べて、「俺これ好き、これ撮ろうよ!」って言うタイプ・・ADに「格好いいじゃん!」とか言わせちゃえば勝ち。
それだったら、撮影15分、品評会15分出済む訳だ。で・・ここだったよねーーとか言いながら目印も付けて無い場所に、カメラ据えて、いいんじゃね、後で、一蹴り位動かすかもよ!とか言って終わりだ。
車の場合、照明したあと印象が変わるから完全に固定しちゃうと危険なんだ・・だから、動かすかもしれないと釘は刺す。

汗水たらす人から見ると、この八割終わったあたりで、「うーん、あと5センチ位下がるか!」とか言っちゃう私は優柔不断なんだそうな・・
「あいつは、アングル一つまともに決められない」
とおっしゃったそうな・・

私に言わせると、「あんたのは、自分で決めたんじゃなくて、ADとの折衷案の成り行きじゃないか・・」って思ってるが・・元々自分で決めたとこだから、やってて気にくわなければ動かす。これが私のポリシーで、責任だと思ってる。スタッフにも動かすって、最初から宣言してるから・・「動かすなら、そろそろ」って、限界になると呼びに来るし。
そこでもう一回見直して、自分の思ったような格好良さのとこに、二三発三脚に蹴りを入れて、「OKいいよ、5センチくらいしか動いてないだろ」とか言って完全に決定になる。
私だって、印象なんてのに、真剣になれるのなんかせいぜい5分・・どうしたら格好いいかなんて考えるの、それ以上やったら、あちこち格好良すぎて、印象が緩んでしまうのね。
つまり、ゴミためにツルの方が、視線を釘付けに出来るから、他結構どーでもいい。(だってゴミため)
画面全部を平均点にしちゃいけないと言うのが、私の持論で、褒められた事は有っても、怒られた事は無い。・・一番見せたいとこだけ、スッゴク綺麗だったら、そこ強調すんのに、わざと汚す位平気なんだし・・
方や汗型は、必死に合成してでも、画面全域を平均点にしようとする。
そりゃあ当然、私の写真見れば、ぼろかすだ・・だって、平均点にしてないもの・・一カ所だけ120点、あと70点以下・・最低なとこは40点でOK、誰も見そうもないとこなんか、何もしてない。
汗水型は、後ろでおいおいとか見てると、平均点にするために、美点まで落とすからね・・「ああ、それやると強調点が無くなる・・」とか見てる・

ある意味、いい加減な商売なのかも知れないが、カメラマンが、これでいいって言って撮ったって言うと、スポンサーは、よほどで無い限り、OKなんだけどね。

普通の人に、これ綺麗です・・って言って見せれば、平均点型でも、強調型でも、だいたいどっちも綺麗なもんでは、有るが、このフォルムがいいねえとか言ってもらえるのが、私の強みなのね。

一番困ったのは、あるメーカーの車を、ちょっとフォルム強調して撮ったら、そのメーカーの新車が、どんどん、そのフォルムになっちゃった時期かも知れない。
(す、すいません、あれ、ちょっと悪戯しましたとは言えない・・あんな曲面あの車に無いです・・光で作ってしまいました、なんて後から言えない)
それのが格好良かったんだもん・・で、開発担当に、偉く褒められてしまったし・・

そうゆう印象型で撮らすと、「何するか解らない」ってので重宝がられてはいるが・・五時半位で、完全にエネルギー消耗しちゃうタイプだから、その辺でも損してる気がする。

へらへらしてるし、「格好いいべーー」とかふざけてるみたいに見えるのかも知れないけどね。単に地なんですけど・・・(思いっきりラテン系)

2011年2月1日火曜日

mega1284Pのbootloader動作確認中

結局、動かないと言うテストコードは、Arduino MEGA 1280でも動かなかったそうで・・
(なんだそのテストコードは)
今のところ、新作の、ATmega1284Pのbootloaderは、罪状棄却と言う事で、グレーに戻ってしまいました。ひょっとしたらOKかもーーとか思ってますが、余談は許さないです。
結構もう直しようが無いんですけど・・

ブートローダー書けなかった件は、USBaspで書くと駄目だったらしく、他ならなんとかなるっぽいです。たぶん、bitbungなら大丈夫だったらしいです。
USBaspで書き込もうとすると、エラーが出て、Avrdude 5.10で書くと書けます。

試してみて下さい。

うちのHPのダウンロードにあります。

mega1284Pのbootloader動作確認中

HPのDownloadに新しいのupしたんですが、紹介された、112KBのテキストを書き出すソフトは、動きませんでした。(このソフト
ただ・・ブートローダー無しでISPで書き込んでも動かず・・ATmega128-16AU用に、Arduinoから書き出しても動かないので・・mega1284Pのブートローダーが悪いんじゃないように思えます。

どちら様か、64KB超えるスケッチの紹介か、提供してくれる方いませんか?

私の予想では、この実験ソフトは、メインコードは、数十バイトで、あと全部データー文字列なんですが、64KBページ境界を、データーが跨ぐと動かないんじゃないの・・mega128-16AUでも動かないし・・と思ってます。

プログラムの間に、GOTOや、JUMPは入るけど、データーの間に、GOTOや、JUMPは、入らないような気がするんだけどーーー
どっちにしろ、うちに有る、64KBを超えたArduino仕様機でそのスケッチが動かないので、boot;loaderの問題か、Arduino IDEのMCU対応の問題か、MCUの問題か解らないんです。

同時に同じコードを、board.txtのISPを、STK500v1から、USBaspに変えて、ISPコード繋いで送ると、デタラメな書き込みするので、Avrdudeの問題も若干感じます。

bootloaderの方が、ずっと綺麗に、普通に入ってるが、動かない・・で、そのHEXをISP
しても動かないから、動かないのは、bootloderの問題じゃないと・・見てるんですね。

つまり、Arduinoか、AVR-GCC(win-gcc)か、avrdudeか、元のコードのルール違反か・・

Arduino mega 1280/2560で動いた実績の有るスケッチを紹介して下さい。