2011年10月8日土曜日

徐々に電子系に戻れるのかも知れない。

米国・シリコンバレー インド・バンガロール 結局そんな所に行き着いてしまった。かなりダイナミックな話になってきたのでなんとか1年かからず、電子系にも戻れる可能性有ります。PEKE PROJECTを生産出来るくらい・・ダイナミックと言う感じですね。

もうちょっと・・

311の後、大変な時代になったなと思う反面、日本人を変えられる可能性にちょっと気が付いた。僕がPEKE PROJECTで変えたかった位の所を・・そこが動き始めそうだから、またPEKEも動くだろう。もっともっとダイナミックに・・

本職の方もどうやら、電子系、電機系に行ってしまいそうだけどね。
かなり面白い・・そのうち細かく書けるといいなあ・・そしてその立場上を考えれば、たぶん確実にPEKE PROJECTは、初期目標を完全にクリアするだろう。

これだけの事が有って、1年以内にプロジェクトに復帰できるなら、個人的には良かったとさえ思う。たぶん凄い時代になる。それを良い方のベクトルに転換出来たのでは無いかと、少し自画自賛している。

0 件のコメント:

コメントを投稿