2012年11月13日火曜日

ご無沙汰です。マンガロールに居ます。

ご無沙汰してます。現在インドで頑張ってます。
色々遅延したりしてすいませんでした。311直前にPEKE CONCEPTやっててそこから急に、海外進出計画を立ちあげたりしたので・・思いっきり苦労しました。
ほぼ1年半、インドまで来れるようになるまで11ヶ月、会社設立して生活可能にするまで半年かかってしまいました。
 楽しい事もあったし、辛い事も有りましたが、自分なりに未来が描けて来たかなーと思って居ます。
 インドには、Aruduino UNOと秋月基盤+ATmega8u2付きの2枚とPEKEの基盤を持ってきて再起計ろうとしています。(部品箱は持って来なかったので苦労してます)良いハンダや配線材を売ってる店も見つかって無いし・

 現在ここらに住んでいます。

 僕は、チェルノブイリ当時イタリアに居たのもあり、放射能問題に関しては「またかい」と言う感覚もあり・・いわゆる世間で言う「放射脳」とはちょっと違い、インドに来た理由は、このまま日本に居たら、自分がやりたい事が出来なくなるだろうと言うのが主です。放射能汚染よりも経済問題ですね。
 この先、普通だった人は苦しくなり、苦しかった人はもうダメって言うとこまで落ち込むだろう。まともだった人もまあギリギリってとこまで疲弊するかなと思った訳です。

 実際その傾向が消えていないし、具現化してるように見えるのですがどうなんでしょうか?

 今のこちらの現状から言えば、頑張っただけの事はあり、家もあるし、会社も出来たしなんとか居着ける感じになって来たと言とこです。

0 件のコメント:

コメントを投稿